感染症研究課 感染症研究国際展開戦略プログラム(J-GRID)

これまでのプログラムについて

第一フェーズ:新興・再興感染症研究拠点形成プログラム(2005~2009年度)

文部科学省は新興・再興感染症研究における国境を越えた共同研究を強化するため、新興・再興感染症研究拠点形成プログラムを立ち上げました。プログラムのポイントは、(1)アジア・アフリカの国々に、日本の大学/研究機関と現地の大学/研究機関が互恵関係のもと共同研究拠点を建設し、両国の研究者が一緒になって日々感染症研究を行う、(2)理化学研究所に設置された感染症研究ネットワーク支援センターが、これらの共同研究拠点を結んで研究ネットワークを作ることです。これにより第1フェーズでは、国際研究協力のプラットフォームが作られました。

第二フェーズ:感染症研究国際ネットワーク推進プログラム(2010~2014年度)

第一フェーズにおいて整備された研究拠点を充実・強化することにより永続的な研究活動を進める基盤を確立しました。また、国内外の他機関との連携を深めつつ、基盤研究、臨床研究、応用研究を継続的に進め、我が国及び相手国における知見、技術の集積、将来感染症研究分野で国際的に活躍する人材の育成等を図ることにより、国際貢献を果たしつつ、国民の健康と安全を守ることに寄与しました。

プログラムの枠組み説明図

最終更新日 平成29年10月18日