国際連携研究課 医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業(e-ASIA共同研究プログラム)

基本情報

分野 健康・医療戦略の推進に必要となる研究開発
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験
お問い合わせ先
国際事業部 国際連携研究課 担当
TEL: 03-6870-2215
E-mail: e-asia”AT”amed.go.jp
備考:

※Emailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

概要

e-ASIA 共同研究プログラム(略称:e-ASIA JRP)は、平成24年6月に発足した東アジアサミット参加国を対象とした多国間共同研究支援プログラムです。

本プログラムは、東アジア地域において、科学技術分野における研究交流を加速することにより、研究開発力を強化するとともに、Health Research(医療研究)、環境、防災など、東アジア諸国が共通して抱える課題の解決を目指しています。

fig01

fig02

実施機関

開始年度 研究開発課題名 研究開発代表者 所属
2015 アジアにおける節足動物媒介新興感染症制御手法構築のための総合研究 前田 健 教授 山口大学 共同獣医学部獣医学科 Japan
Principal Investigator Dr. Hideki Ebihara Unit Chief, Molecular Virology and Host-Pathogen Interaction Unit, Laboratory of Virology, Division of Intramural Research, National Institute of Allergy and Infectious Diseases, National Institutes of Health U.S.
Dean, Prof. Srihadi Agungpriyono Faculty of Veterinary Medicine, Bogor Agricultural University Indonesia
Dean, Prof. Worawut Rerkamnuaychoke Faculty of Veterinary Technology, Kasetsart University Thailand
Prof. Emmanuel T. Baltazar College of Veterinary Medicine, Central Mindanao University Philippines
2015 メコン川流域における肝吸虫患者のQOL維持とがん予防に資する革新的診断システムの開発と普及 成松 久 総括研究主幹 産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門 Japan
Prof. Sopit Wongkham Biochemistry, Faculty of Medicine, Khon Kaen University Thailand
Prof. Bounthome Samountry Faculty of Basic Sciences, University of Health Sciences Lao P.D.R.
2015 マラリアワクチン候補分子トランスアミダーゼ様分子のヒトマラリアでの抗原性および遺伝子多様性の解析 平山 謙二 教授 長崎大学 熱帯医学研究所 Japan
Director, Prof. Tin Maung Hlaing Defense Services Medical Research Center Myanmar
Department Chair, Prof.Mario Jiz Immunology Department, Research Institute for Tropical Medicine (RITM) Philippines
2016 ミャンマーで流行している乳幼児~大人及び重症デングにおけるウイルス遺伝子の多様性解析 モイ・メンリン 准教授 長崎大学 熱帯医学研究所 Japan
Deputy Director General, Hlaing Myat Thu Department of Medical Research Myanmar
Associate Professor, Sujan Shresta La Jolla Institute for Allergy & Immunology U.S.
2016 染色体性薬剤耐性遺伝子を保持する薬剤耐性菌の分子疫学的解析 平井 到 教授 琉球大学 医学部 Japan
Department head, Bui Thi Mai Huong National Institute of Nutrition Vietnam
Professor, Senior staff Microbiology, Kuntamanp Faculty of Medicine Airlangga University Indonesia
2016 タイ肝吸虫症による住民の健康への影響調査:カンボジアとベトナムでの罹患実態調査と肝臓がんリスク調査 宮本 和子 教授 山梨大学 総合研究部 Japan
Deputy-Director and Program Manager, Muth Sinuon Helminth at National Centre for Parasitology Entomology and Malaria Control / MOH Cambodia
Vice Chief of Department, Nguyen Thu Huong National Institute of Malaria, Parasitology and Entomology, MOH, Vietnam Vietnam
2017 環太平洋地域における渡り鳥の東アジアおよびオーストラリア飛翔路に沿った人獣共通感染症病原体としての鳥インフルエンザウイルスのグローバルな伝播に関する研究 岡松 正敏 准教授 北海道大学 Japan
Professor Alexander Shestopalov Research institute of experimental and clinical medicine Russia
Ph.D. Duc-Huy Chu Department of Animal Health, Epidemiology division Vietnam
Associate Professor Falk Huettmann Institute of Arctic Biology, Biology & Wildlife Department U.S.
2017 東南アジア地域における人口ベースがん統計収集体制構築支援を通じたアジア特有がんの実態把握とリスク要因の解明に関する研究 松田 智大 室長 国立がん研究センター がん対策情報センター がん登録センター 全国がん登録室 Japan
Head of Department. Hav Monirath Calmette Hospital, Department of Pathology Cambodia
Project Director Hav Monirath Philippine Cancer Society Inc., Manila Cancer Registry Philippines
Director Dung Pham Xuan Ho Chi Minh City Oncological Hospital Vietnam
2017 HBV/HDV共感染が肝細胞癌 ゲノム 、バイオロジー に与える影響の解明 山下 太郎 准教授 金沢大学 Japan
Chief, Xin Wei Wang National Cancer Institute, Laboratory of Human Carcinogenesis U.S.
Professor Pham Van Thuc Haiphong University of Medical and Pharmacy, Medical and Pharmacy Vietnam

研究成果報告書

研究成果報告書につきましては、下記リンクをご覧ください。

評価・運営体制

プログラム運営体制

プログラムスーパーバイザー(PS)
渡邉 治雄(黒住医学研究振興財団・副理事長/国際医療福祉大学大学院・教授)
プログラムオフィサー(PO)
北 潔(国立大学法人 長崎大学 大学院熱帯医学・グローバルヘルス研究科 研究科長、教授)

事務処理説明書

※「委託研究開発契約書雛形」および「委託研究開発事務処理説明書」は、上記ページをご覧ください。

パンフレット

最終更新日 平成30年5月1日