国際連携研究課 地球規模保健課題解決推進のための研究事業

基本情報

分野 健康・医療戦略の推進に必要となる研究開発
開発フェーズ 応用,臨床試験,市販後,観察研究等
お問い合わせ先
国際事業部 国際連携研究課
TEL: 03-6870-2216
E-mail: chikyukibo“AT”amed.go.jp
備考:

※Emailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

概要

事業の背景:
持続可能な開発目標(SDGs)において、改めて保健分野のゴールが設定される等、地球規模の保健課題の重要性は、国際社会において益々高まっています。また、我が国は、国際保健関連の政府方針・戦略を近年相次いで策定し、より効果的・効率的に国際保健に貢献し、国際社会における存在感を維持・強化することを表明しています。
事業の目的:
①我が国の知見や技術を移転し、低・中所得国の健康向上を図り、SDGsの実現に寄与する。 ②GACD(Global Alliance for Chronic Diseases)等の研究開発資金配分機関(FA)の国際ネットワークを通じて、国際協調研究を実施し、また、研究成果の効果的な国際展開を図る。 ③WHO等の国際機関等における規範設定に資するための成果を創出し、ひいては我が国の国際保健外交戦略を推進する。

平成31年度地球規模保健課題解決推進のための研究事業―概要図

実施機関

研究開発課題名 実施期間 代表機関名 研究開発代表者名
ガーナ国の入国地点における中核的能力整備のための研究 平成29年~31年 国立病院機構三重病院 谷口清州
ミャンマーとマレーシアにおける高齢者社会疫学調査と地域アセスメントツールの開発 平成29年~31年 新潟大学 菖蒲川由郷
Mental health promotion at workplace in low- and middle-income countries in Asia 平成29年~31年 東京大学 川上憲人
A Study on Rights-based Self-learning Tools to Promote Mental Health, Well-being & Resilience after Disasters
 
平成29年~31年 国立精神神経医療研究センター 金吉春
ベトナム国での生活習慣病の進展防止に向けた栄養指導ソフトを用いた栄養介入の開発研究 平成30年 京都大学 稲垣 暢也
Development of a mHealth-based package targeting women at reproductive age for NCDs prevention 平成30年 国立成育医療研究センター 森臨太郎
ミャンマー農村部における高血圧の予防・診断・治療の段階的介入パッケージの実装研究 平成30年 新潟大学 菖蒲川由郷

研究成果報告書

研究成果報告書につきましては、下記リンクをご覧ください。

評価・運営体制

プログラム運営体制

PS
遠藤 弘良(聖路加国際大学 大学院公衆衛生学研究科 研究科長・教授)
PO
明石 秀親(国立研究開発法人国立国際医療研究センター 国際医療協力局 運営企画部 部長)

事務処理説明書

※「委託研究開発契約書雛形」および「委託研究開発事務処理説明書」は、上記ページをご覧ください。

パンフレット

最終更新日 平成31年1月16日