バイオバンク課 臨床ゲノム情報統合データベース整備事業

基本情報

分野 ゲノム医療
開発フェーズ 該当なし
お問い合わせ先
基盤研究事業部 バイオバンク課  
TEL:03-6870-2228

概要

臨床ゲノム情報統合データベース整備事業は、政府のゲノム医療実現推進協議会「中間とりまとめ」(平成27年7月)を踏まえ、ゲノム情報と疾患特異性や臨床特性等の関連について日本人を対象とした検証を行い、臨床及び研究に活用することができる臨床情報と遺伝情報を統合的に扱うデータベースを整備するとともに、その研究基盤を利活用した先端研究開発を一体的に推進します。

難病・がん・感染症・認知症等の疾患分野において、検体の収集およびゲノム解析、加えて臨床情報を含めた情報の統合・解析、臨床現場への還元(本事業におけるクリニカル・シークエンス)を行います。ゲノム情報の疾患特異性や臨床特性等との関連を解明し、疾患毎の臨床ゲノム情報データストレージ(DS:図参照)を整備することで、医療現場においてゲノム医療を実装する基盤を構築することを目標とします。

説明図

実施機関

研究成果報告書

研究成果報告書につきましては、下記リンクをご覧ください。

評価・運営体制

PS・PO

本事業は、事業の運営や各プログラムの連携協力・推進等の調整を行うプログラムスーパーバイザー(PS)と、PSを補佐して個々の課題の運営推進を行うプログラムオフィサー(PO)がマネージメントします。

PS
高坂 新一 (精神・神経医療研究センター 神経研究所 名誉所長)
PO
中川 英刀 (理化学研究所 統合生命医科学研究センター/ゲノムシーケンス解析研究チーム チームリーダー)
角田 達彦 (東京医科歯科大学 難治性疾患研究所 教授)
武部 豊    (中国疾病預防控制中心STD/エイズ予防・制圧センター 客員教授)
谷 憲三朗 (東京大学医科学研究所 特任教授)
間野  博行  (国立がん研究センター 研究所所長)(平成29年6月から)
宮坂 信之 (東京医科歯科大学 名誉教授)(平成29年5月から)
吉田 邦広 (信州大学医学部神経難病学講座 特任教授)
渡邉 裕司 (浜松医科大学 教授)(平成29年3月まで)

課題評価委員会

外部有識者から構成される課題評価委員会において、各研究開発課題の事前評価、中間評価、事後評価等の評価を実施します。

事務処理説明書

「臨床ゲノム情報統合データベース整備事業」は委託事業です。「事務処理説明書・様式集(委託研究開発契約)」をご参照ください。

パンフレット

最終更新日 平成29年10月5日