バイオバンク課 GEM Japan(ジェムジャパン)

AMEDの推進する「GEM Japan」プロジェクトとは

近年の大規模なゲノム解析技術や情報処理技術などの飛躍的な進歩・発達にともない、ゲノムデータならびに健康データを責任を持って安全にシェアすることは、研究を加速し人々の健康を改善するためにますます重要となっています。
「ゲノミクスと健康のための世界連合」(The Global Alliance for Genomics and Health、略称GA4GH)は、その実現に向けた世界的な取り組みを主導している組織で、そのドライバープロジェクトにAMEDの「GEM Japan」プロジェクトが参画しています。

「GEM Japan」は、データシェアリングを進めながらゲノム医療の実現を目指すAMEDの各事業に関わる大学、研究所、病院等と日本全国規模で協力体制を築き、臨床情報と個人ゲノム情報のデータシェアリングと研究利用を促進し、ゲノム医療の実現を目指すものです。
具体的には、AMEDが策定した「ゲノム医療実現のためのデータシェアリングポリシー」の対象事業である、臨床ゲノム情報統合データベース整備事業、ゲノム医療実現推進プラットフォーム事業、ゲノム研究バイオバンク事業や東北メディカル・メガバンク計画により取り組むこととしており、当面は、日本人全ゲノム解析に基づく日本人アレル頻度情報の公開、日本人の疾患関連バリアント情報の公開、GEM Japanワークショップの開催等による協力を進めます。

Genome Medicine Alliance Japan,GEM-J概要図

最終更新日 平成31年2月4日