研究企画課 革新的先端研究開発支援事業 (AMED-CREST, PRIME)

生体組織の適応・修復機構の時空間的解析による生命現象の理解と医療技術シーズの創出

【研究開発目標】生体組織の適応・修復機構の時空間的理解に基づく生命現象の探求と医療技術シーズの創出

研究開発領域概要

本研究開発領域では、生体組織の適応・修復機構の時空間的な理解を深めることにより、健康・医療に資する技術シーズの創出を大きく加速することを目指します。

生体は、様々な組織損傷や過重な臓器ストレスに対して、組織を適応・修復することで、その機能を維持していますが、その過程で、どのような細胞群がどのような機構で経時的に作用し合うのか、あるいは臓器間でどのように相互作用し、どのような変化が起こるのかについてはまだ十分な理解に至っていません。また、適応・修復の制御機構の破綻によって組織は機能不全に陥り、やがて重篤な疾患の発症に至りますが、そのメカニズムについても不明な点が多く残されています。

本研究開発領域では、生体組織の適応・修復機構の維持・破綻メカニズムの解明に挑みます。また、その時空間的理解を深めるための解析技術の確立と活用展開、さらに本領域で得られた知見をもとにした予防・診断・治療技術シーズの創出に取り組みます。

発足年度

平成30年度

評価・運営体制

研究開発総括(プログラムスーパーバイザー/PS)

吉村 昭彦
慶應義塾大学医学部 教授

研究開発副総括(プログラムオフィサー/PO)

横溝 岳彦
順天堂大学大学院医学研究科 教授

アドバイザー

石井 優
大阪大学大学院医学系研究科 教授
今井 由美子
医薬基盤・健康・栄養研究所 プロジェクトリーダー
片桐 秀樹
東北大学大学院医学系研究科 教授
高倉 伸幸
大阪大学微生物病研究所 教授
高橋 雅英
名古屋大学大学院医学系研究科 教授
田村 康一
株式会社ヘリオス 執行役 研究・生産領域管掌 兼 神戸研究所長
古屋敷 智之
神戸大学大学院医学研究科 教授
松島 綱治
東京理科大学生命医科学研究所 教授
南野 徹
宮島 篤
新潟大学大学院医歯学総合研究科 教授
東京大学定量生命科学研究所 特任教授

パンフレット

最終更新日 平成31年1月31日