研究企画課 革新的先端研究開発支援事業インキュベートタイプ(LEAP)

LEAP

目的・特徴

LEAP(インキュベートタイプ、Leading Advanced Projects for medical innovation)は、革新的先端研究開発支援事業で推進するプログラムのひとつです。革新的先端研究開発支援事業のユニットタイプ(AMED-CREST)やソロタイプ(PRIME)等で創出された世界をリードする顕著な研究成果を加速的に発展させて、企業やベンチャーなどに研究開発の流れを継承することを目的としています。
具体的には、世界をリードする顕著な研究成果について、プログラムマネージャー(PM)によるイノベーション指向の研究開発マネジメントにより、技術的成立性の証明・提示、および適切な権利化を推進します。これにより、トップサイエンスの成果を基にした研究開発の流れが、医療応用に向けて、企業や臨床医、他事業などで継承され、将来において革新的な医薬品や医療機器、医療技術の創出に繋がることで、社会的変革に向けた広がりのある研究開発の潮流が生まれることを期待しています。

研究開発体制

LEAPは、PMと研究開発代表者が協働して、他の共同研究者も含むチーム全体をマネージし、技術的成立性の証明・提示に向けた研究開発を推進します。

  • PM及び研究開発代表者は、技術的成立性の証明・提示を行うために必要十分で最適な研究開発体制を編成します。
  • 研究開発課題毎にプログラムマネージャー(PM)を配置します。研究開発代表者は、課題提案時にPM候補者案を提示します。
  • PMは、課題評価委員会の評価・助言の下、医療応用への展開を見据えて、専門家との対話や参画研究者間の相互連携、また国内外との連携によるネットワークを自ら積極的に形成し、活用しながら、研究開発を推進します。
  • 研究開発代表者は、研究開発全体に責任をもち、PMが示す技術的成立制の証明・提示に必要となる研究開発を推進します。PMは研究開発代表者と協力し、担当する研究開発課題のマネジメントを行います。
  • 研究開発は、研究開発代表者が行います。

評価・運営体制

プログラムスーパーバイザー(PS)

松田 譲 
加藤記念バイオサイエンス振興財団 理事長

プログラムオフィサー(PO)

内田 毅彦
(株)日本医療機器開発機構 代表取締役
川上 浩司
京都大学大学院医学研究科 教授
藤原 康弘
国立がん研究センター 企画戦略局長

パンフレット

研究成果報告書

研究成果報告書につきましては、下記リンクをご覧ください。

最終更新日 平成29年11月30日