医薬品研究課 革新的先端研究開発支援事業(インキュベートタイプ)(LEAP) 中間評価結果

平成30年3月28日

革新的先端研究開発支援事業(インキュベートタイプ)(LEAP)における中間評価結果を公表します。

中間評価の目的

革新的先端研究開発支援事業(以下、「本事業」といいます。)は、基礎的な研究開発から実用化のための研究開発までの一貫した研究開発を推進するため、基礎研究段階で成果が出つつある優れたアカデミア発シーズからの革新的医薬品等の創出に向けた取組を支援する事業です。本事業のうち、インキュベートタイプ(LEAP)は、有望ではあるもののすぐには企業などではリスクの判断が困難な成果について、プログラムマネージャーによる研究開発マネジメントにより速やかな実用化を目指します。

本事業では、課題開始3年目にあたる平成28年度に、研究計画の達成度等を評価することを目的として、本事業における中間評価の評価項目に関して、評価対象となる研究開発課題別に書面審査及びヒアリング審査にて中間評価を実施しました。

課題評価委員会

開催日:平成28年11月15日

課題評価委員

評価項目

  1. 研究開発進捗状況について
    • 研究開発計画に対する進捗状況はどうか
  2. 研究開発成果について
    • 成果が着実に得られているか
    • 成果は医療分野の進展に資するものであるか
    • 成果は新技術の創出に資するものであるか
    • 成果は社会的ニーズに対応するものであるか
    • 必要な知的財産の確保がなされているか
  3. 実施体制
    • 研究開発代表者を中心とした研究開発体制が適切に組織されているか
    • 十分な連携体制が構築されているか
  4. 今後の見通し
    • 今後研究開発を進めていく上で問題点はないか
    • 問題点がある場合は、研究開発内容等の変更が必要か
    • その際にはどのように変更又は修正すべきか
    • 今後の研究開発計画は具体的で、明確な目標が設定されているか
  5. その他事業で定める事項
    • 世界をリードする顕著な研究成果を発展させることで、日本発の画期的な医療を実現し、それにより健康長寿社会の形成や関連する産業の育成、それらの国際展開などに繋げていくことができるか
    • 研究開発期間の終了時点において、臨床研究及び治験への橋渡しや実用化を実現するための産業界への導出に向けて、研究開発等の流れが継承されることが期待できるか
    • 研究開発期間終了後も研究を継続できる人材育成、企業連携やベンチャー起業等の出口、グローバル人材の取り込みにつながる取組を行っているか
    • PMの活動状況は、どうか
  6. 総合評価

    1~5及び下記の事項を勘案して総合評価する

    • 生命倫理、安全対策に対する法令等を遵守した計画となっているか
    • 若手研究者のキャリアパス支援が図られているか
    • 専門学術雑誌への発表並びに学会での講演及び発表など科学技術コミュニケーション活動(アウトリーチ活動)が図られているか
    • 計画の見直し、中断・中止等の措置が必要か

対象課題及び評価結果

採択
年度
終了
年度
研究開発課題名 代表機関名 研究開発代表者 評価結果
26 30 がん治療標的探索プロジェクト 国立大学法人東京大学 間野 博行 表示
26 30 インフルエンザ制圧を目指した革新的治療・予防法の研究・開発 国立大学法人東京大学 河岡 義裕 表示

最終更新日 平成30年3月28日