医薬品研究課 創薬基盤推進研究事業 中間評価結果(平成28年度開始~令和2年度終了予定課題)

創薬基盤推進研究事業における中間評価結果(平成28年度開始~令和2年度終了予定課題)を公表します。

中間評価の目的

研究開発課題等について、情勢の変化や研究開発の進捗状況等を把握し、これを基に適切な予算配分や研究開発課題の中断・中止を含めた研究開発計画の見直しの要否の確認等を行うことにより、研究開発運営の改善及び機構の支援体制の改善に資することを目的とする。

課題評価委員会

開催日:平成30年11月5日

課題評価委員

評価項目

  1. 研究開発達成状況
    • 研究開発計画に対する達成状況はどうか
  2. 研究開発成果
    • 成果が着実に得られているか
    • 成果の水準はどうか
    • 成果は医療分野の進展に資するものであるか
    • 成果は新技術の創出に資するものであるか
    • 成果は社会的ニーズへ対応するものであるか
    • 必要な知的財産の確保がなされているか
  3. 実施体制
    • 研究開発代表者を中心とした研究開発体制が適切に組織されているか
    • 十分な連携体制が構築されているか
  4. 今後の見通し
    • 今後研究を進めていく上で問題点はないか
    • 問題点がある場合は、研究内容等の変更が必要か
    • その際にはどのように変更又は修正をすべきか
    • 今後の研究開発計画は具体的で、明確な目標が設定されているか
  5. 事業で定める項目及び総合的に勘案すべき項目
    • 創薬の基盤として汎用性(応用性)が認められたか
    • 創薬の基盤として継続・発展性が認められたか
    • 生命倫理、安全対策に対する法令等を遵守しているか
    • 若手研究者のキャリアパス支援が図られているか
    • 必要な知的財産権等の確保がなされた上で、専門学術雑誌への発表並びに学会での講演及び発表など科学技術コミュニケーション活動(アウトリーチ活動)が図られているか
    • 計画の見直し、中断・中止等の措置が必要か
  6. 総合評価
    • ①~⑤及び下記の事項を勘案して総合評価する
    • 計画の見直し、中断・中止等の措置が必要か評価する

対象課題及び評価結果一覧

開始年度(平成) 終了年度(令和) 課題名 代表機関名 研究開発
代表者名
中間評価
報告書
28 2 イマチニブをツールとした自己免疫性水疱症における創薬基盤研究 国立大学法人京都大学 椛島 健治 ダウンロード
28 2 薬用植物の国内栽培推進を指向した基盤技術及び創薬資源の開発に関する研究 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 川原 信夫 ダウンロード
28 2 ヒトへの外挿性を向上させた培養細胞資源開発と供給体制整備 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 小原 有弘 ダウンロード
28 2 マウスバンク機能の拡充による創薬イノベーションの迅速化 国立大学法人熊本大学 竹尾 透 ダウンロード
28 2 産学連携全国がんゲノムスクリーニングプログラム:SCRUM-Japanを活用したプレシジョンメディスン推進基盤構築研究 国立研究開発法人国立がん研究センター 土原 一哉 ダウンロード
28 2 抗PD-1抗体治療患者における個別免疫担当細胞レベルにおける免疫応答の解析研究 国立研究開発法人国立がん研究センター 土井 俊彦 ダウンロード
28 2 国産麻黄自給率10%達成に向けた研究 学校法人東京農業大学 御影 雅幸 ダウンロード
28 2 創薬に資する高度実験動物霊長類の作成と疾患モデルの構築・解析 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 保富 康宏 ダウンロード
28 2 ポジトロンCTで脳内炎症が確認された患者に対するミクログリア活性化抑制薬の有効性検証 国立研究開発法人理化学研究所 渡辺 恭良 ダウンロード
(研究代表者50音順)

最終更新日 平成31年4月17日