医薬品研究課 次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業

基本情報

分野 医薬品創出
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験
お問い合わせ先
創薬戦略部 医薬品研究課 次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業 担当
TEL: 03-6870-2219
備考:
E-mail: jisedai-med“AT”amed.go.jp
(E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください)

概要

本事業では、次世代治療・診断を実現するための課題を解決し、先制医療、個別化医療といった次世代治療・診断の実現を推進し、患者のQOL向上と医療費増加の抑制を目指します。そのために、下記の事業に取り組みます。

糖鎖利用による革新的創薬技術開発事業

世界的にもトップレベルにある我が国の糖鎖に関する基礎研究技術を、創薬標的探索という方向に束ねて支援することにより、国際的にも競争力のある基盤技術を確立し、新たな創薬標的の探索手段の拡充を目指します。

バイオ医薬品の高度製造技術の開発

高度なバイオ医薬品製造、特に抗体医薬品の連続生産等に関わるアップストリーム(細胞構築、生産)からダウンストリーム(分離精製、品質管理)までの要素技術やそれらをプラットフォームした技術を一貫して開発することにより、バイオ医薬品の連続生産等に関わる基盤技術の確立を目指します。

革新的中分子創薬技術の開発

中分子化合物のうち、特に、天然化合物の化学構造最適化に必要な誘導体展開を実現するためのバイオ合成創薬技術を開発します。また、中分子化合物が生体膜を透過して創薬標的への特異的な効果を実現できるか、あらかじめ絞り込むための評価・予測のシミュレーション技術の開発を目指します。

患者層別化マーカー探索技術の開発

精密医療の実現には個人差に基づいて副作用が少なく奏効性が高い医薬品や治療法の開発が必要となります。そのため疾患の種別や体内状態に応じて適切な治療を提供するための患者層別化マーカーが求められています。
開発技術の社会実装を目指す診断薬・製薬企業等とアカデミアによる産学連携の研究開発体制下、有望なマーカーシーズに基づく診断薬等につなげる研究開発を行い、患者層別化において実用化に至っていないバイオマーカーの探索技術の確立を目指します。

採択情報一覧

研究成果報告書

研究成果報告書につきましては、下記リンクをご覧ください。

評価結果

事務処理説明書

終了事業

最終更新日 令和元年6月17日