ゲノム医療基盤研究開発課 ゲノム創薬基盤推進研究事業(旧・ゲノム医療実用化推進研究事業)

基本情報

分野 ゲノム・データ基盤プロジェクト,がん,生活習慣病,精神・神経疾患,老年医学・認知症,難病,成育,感染症,その他
事業年度 平成27年4月1日~
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験,市販後,観察研究等,該当なし
お問い合わせ先
ゲノム・データ基盤事業部 ゲノム医療基盤研究開発課(旧基盤研究事業部 バイオバンク課)  ゲノム創薬基盤推進研究事業 担当:笹又、勝井、高橋、髙井
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目7番1号 読売新聞ビル 22階
TEL: 03-6870-2228
FAX: 03-6870-2244
E-mail: genomic-medicine”AT”amed.go.jp

概要

疾患ゲノム解析による原因遺伝子の探索・機能評価、臨床応用に向けた実証的研究などゲノム医療の実現に向けた基盤研究や、ゲノム医療の提供に伴う倫理的・法的・社会的課題の解決及び医療従事者の教育の確立等に必要な研究を推進します。

データシェアリングポリシー

本事業は、ゲノム医療実現のためのデータシェアリングポリシーの対象事業です。
本事業により生成されたゲノム情報のデータシェアリングの状況については、下記リンクをご覧ください。

実施機関

実施機関につきましては、下記のリンクをご覧ください。

研究成果報告書

研究成果報告書につきましては、下記リンクをご覧ください。

評価・運営体制

PS・PO

本事業は、事業の運営や各プログラムの連携協力・推進等の調整を行うプログラムスーパーバイザー(PS)と、PSを補佐して個々の課題の運営推進を行うプログラムオフィサー(PO)がマネジメントします。

PS
水谷 修紀(同愛会川崎市北部地域療育センター 医療管理者/東京医科歯科大学 名誉教授)
PO
山田 康秀(浜松医科大学 教授/国立国際医療研究センター病院 科長)
虎島 泰洋(長﨑県五島中央病院 外科医長/長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 客員研究員)

課題評価委員会

外部有識者から構成される課題評価委員会において、各研究開発課題の事前評価、中間評価、事後評価等の評価を実施します。課題評価委員リストについては、下記をご覧ください。

評価報告書

評価報告書につきましては、下記リンクをご覧ください。

事務処理説明書

「ゲノム創薬及びその推進に係る課題解決に関する研究」は委託事業です。「事務処理説明書・様式集(委託研究開発契約)」をご参照ください。

最終更新日 令和2年8月3日