ゲノム・データ基盤事業部 ゲノム医療基盤研究開発課

概要

ゲノム医療基盤研究開発課では、ゲノムデータ等の解析に基づく研究開発やゲノムデータを含む健康・医療データの基盤整備、利活用促進のための研究環境の整備を推進しています。また、それらのデータの利活用を促進することでライフステージを俯瞰した遺伝子変異・多型と疾患の発症との関連等から、疾患の発症・重症化の予防、診断、治療等の開発へとつなげる研究を推進しています。

問い合わせ先

ゲノム・データ基盤事業部 ゲノム医療基盤研究開発課
TEL:03-6870-2228
E-mail:kiban-kenkyu”AT”amed.go.jp

※アドレスは”AT”の部分を@に変えてください。

事業一覧

ゲノム医療研究支援情報ポータルサイト

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が推進する「疾病克服に向けたゲノム医療実現プロジェクト」を中心とした、ゲノム医療研究に携わる多くの研究者の皆様をサポートすることを目的として、「ゲノム医療研究支援」を開設しました。

AMEDチャンネル(バイオバンク関連)

動画共有サービスYouTubeに解説されたAMEDチャンネルに、バイオバンク関連の動画も紹介されています。

GEM Japan

AMEDは、GA4GH(ゲノミクスと健康のための世界連合)の基幹プロジェクトであるGEM Japanプロジェクトを通じて、ゲノム医療の実現に向けた各事業に関わる日本全国の大学、研究所、病院等と協力体制をより強固にするとともに、ゲノムデータの共有方法の世界標準の策定を主導します。

データシェアリング

AMEDでは、原則として全ての事業において『データマネジメントプラン』の提出を義務化するとともに、ゲノム情報のデータシェアのための『データシェアリングポリシー』を定め、適用課題におけるデータシェアリングを義務づけています。(データシェアリングの状況はこちら

さらに、データシェアリングの推進やゲノム医療研究の加速を目指し、AMEDゲノム制限共有データベース(AGD)の設置や電源資源の供用サービスを進めています。

データマネジメントプラン

公的資金により行われる研究開発から生じるデータ等は国民共通の知的資産でもあり、 データの所在等を把握し、データの収集、質の確保、意味づけ、保存と活用等が 適切かつ公正に行われるよう推進するため、AMEDは、原則として全ての事業において 『データマネジメントプラン』(データの種類や保存場所等を記載するもの)の提出を義務化しています。
(適用時期:平成30年5月1日以降にAMEDが新規公募する事業)
「データマネジメントプランの提出の義務化について」のページをご参照ください。

ゲノム医療実現のためのデータシェアリングポリシー

AMEDは、ゲノム情報を用いた医療の実現に向け、研究成果に紐付くゲノムデータ、及び臨床情報や解析・解釈結果等を含めたゲノム情報の、迅速、広範かつ適切な共有・公開を行うことを目的として、ゲノム情報のシェアリングに係る方針を示した「ゲノム医療実現のためのデータシェアリングポリシー」を策定し、本ポリシーが適用となる研究開発課題については、原則としてデータシェアリングを義務付けることとしました。
「ゲノム医療実現のためのデータシェアリングポリシーについて」のページをご参照ください。

〈適用範囲〉
 次のうち公募要領にデータシェアリングポリシーを適用することを明記しているもの。

データシェアリングの状況

ゲノム医療実現のためのデータシェアリングポリシーに基づき、データシェアされているゲノム情報については、こちらにまとめています。

AMEDゲノム制限共有データベース(AGD)について

AMEDゲノム制限共有データベース(Amed Genome group sharing Database,AGD)は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)ゲノム制限共有データの共有を目的としたデータベースです。
連携機関である国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)のグループ共有データベースより、AGDに登録されている研究内容を閲覧することが可能です。

詳細は以下のリンクをご覧ください。

電源資源の供用サービスについて

ゲノム医療研究の加速と研究費の効果的活用を目指し、「電算資源(スーパーコンピュータ)の供用サービス」を立ち上げました。是非活用ください。

ゲノム研究成果&ゲノム研究ELSI(倫理的・法的・社会的課題)

ゲノム研究成果&ゲノム研究ELSIのページでは、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が推進する「疾病克服に向けたゲノム医療実現プロジェクト」を中心としたゲノム医療研究を通じた成果のうち、医療従事者を含む広く国民の方々に有益な情報を掲載しています。ゲノム研究におけるELSI(倫理的・法的・社会的課題)に関する情報等も掲載しています。

調査報告等

令和元年度 複合リスク関連疾患に関する課題推進に資する国内外参考情報の調査

令和元年度 ゲノム医療における情報伝達プロセスに関する提言

ゲノム創薬基盤推進研究事業 A‐②:ゲノム情報患者還元課題―患者やその家族等に対して必要とされる説明事項や留意事項を明確化する課題「医療現場でのゲノム情報の適切な開示のための体制整備に関する研究」(研究代表者:京都大学 小杉眞司)

※ 上記以前の調査報告等はバイオバンク課(1期事業)からご覧ください。