事業紹介 創薬戦略部

概要

AMEDは、創薬戦略強化等に向けて医薬品事業を所管する部署を改編し、平成29年7月1日に創薬戦略部を設置しました。本改編では、「オールジャパンでの医薬品創出」プロジェクトの推進体制を強化するため、民間リソースの活用による支援機能を整備するとともに、関係課室の集約・一体化を図ることで、同プロジェクトと他のAMED事業との連携を推進し、AMED横断的な創薬シーズの評価や戦略立案を行う体制を構築します。

創薬企画・評価課

製薬企業等で豊富な研究開発経験を積み、最新のビジネスおよび科学技術に関する深い理解と高度な情報収集能力を備えた創薬コーディネーターで構成された組織です。創薬支援ネットワークの本部機能を担うため、専門家チームにより、創薬研究開発における標的検証から前臨床開発において的確かつ効果的な支援を提供する体制が整えられており、創薬シーズの評価、知財戦略の策定やプロジェクトマネージメント、研究成果の企業導出等についても、豊富な経験を持つ創薬コーディネーターが専門家チームとして創薬研究を強力に支援します。
 

医薬品研究課

大学や産業界と連携しながら、新薬創出に向けた研究開発の支援や創薬支援のための基盤強化を図ります。また、創薬ターゲットの同定に係る研究、創薬の基盤となる技術開発、医療技術の実用化に係る研究を推進し、革新的医薬品及び希少疾患治療薬等の開発を支援します。

医薬品等規制科学課

革新的医薬品、医療機器、再生医療等製品の実用化が迅速かつ安全に図られるよう、「その品質、有効性及び安全性を、科学的知見に基づき適正かつ迅速に予測、評価及び判断することに関する研究(=レギュラトリーサイエンス研究)」を推進し、品質・有効性・安全性の評価技術の開発及び標準化、判断基準の明確化、承認審査における科学的要件の明確化等につなげます。

シーズ・ニーズマッチング推進について

日本医療研究開発機構(AMED)では、アカデミアと企業の創薬シーズ・ニーズのマッチングを推進するため、本ページを開設しました。ご利用いただければと思います。詳細は以下のリンクをご覧下さい。

シーズ・ニーズマッチング推進ページ

最終更新日 平成30年10月4日