機構の紹介

AMEDについて

 医療分野の研究開発における基礎から実用化までの一貫した研究開発の推進・成果の円滑な実用化及び医療分野の研究開発のための環境の整備を総合的かつ効果的に行うため、医療分野の研究開発及びその環境の整備の実施や助成等を行います。

国立研究開発法人日本医療研究開発機構の役割

 機構は、医療分野の研究開発及びその環境整備の中核的な役割を担う機関として、これまで文部科学省・厚生労働省・経済産業省に計上されてきた医療分野の研究開発に関する予算を集約し、基礎段階から実用化まで一貫した研究のマネジメントを行います。また、知的財産に関する専門家、臨床研究や治験をサポートする専門スタッフなどの専門人材による研究の支援を行います。研究費申請の窓口や手続きは一本化し、ワンストップサービス化します。こうした支援を通して、基礎から実用化までの一貫した研究開発の推進及び環境の整備をおこなうことにより、世界最高水準の医療・サービスの実現や健康長寿社会の形成を目指します。

国立研究開発法人日本医療研究開発機構の業務

(1) 医療分野の研究開発及び環境整備
(2) その成果の普及・活用の促進
(3) 医療分野の研究開発及び環境整備に対する助成
(4) (1)~(3)の業務に附帯する業務

最終更新日 2015年4月1日

知的財産

研究公正