イベント

開催日:平成29年3月11日 脳とこころの研究 第二回公開シンポジウム 「脳を考える」開催のお知らせ

シンポジウム・ご案内ポスター(サムネイル)
シンポジウム開催案内PDF
(2.9MB)
画像をクリックするとPDFファイルが表示されます

脳と心の研究課では、急速に進む神経科学研究の成果を効率的に精神・神経疾患の診断や治療へとつなぐために、脳科学と関連分野の柔軟かつ有機的な連携体制を構築して参りました。

現在200を超える脳とこころの研究課題を遂行し、国際連携も含めた多様な連携を通して、革新的な成果の創出、その社会実装を目指しております。

最先端の研究の一部をご紹介いたしますので、多くのご参加者の来場を心よりお待ちしております。

開催概要

日時

平成29年3月11日(土)
13時00分~17時00分(終了予定)

プログラム

時間内容

13時00分~13時05分

開会挨拶
日本医療研究開発機構 菱山 豊

13時05分~13時40分

基調講演「脳を考える」

東京大学 池谷 裕二

13時40分~14時00分

脳プロ 融合脳「認知症の克服に向けて:アルツハイマー病の分子病態と超早期治療」

東京大学 岩坪 威

14時00分~14時20分

脳プロ BMI「BMI技術が拓く医療の新たな可能性」

慶應義塾大学 里宇 明元

14時20分~14時40分

革新脳 中核拠点「マーモセットを用いた脳科学研究の紹介とその国際的役割」
理化学研究所 山森 哲雄

14時40分~15時20分 ポスターセッション1(Room B)

15時20分~15時40分

長寿科学研究開発事業「高齢者の薬物治療の安全性に関する研究」

東京大学 秋下 雅弘

15時40分~16時00分

認知症研究開発事業「適時適切な医療・ケアを目指した、認知症の人等の全国的な情報登録・追跡を行う研究」

国立長寿医療研究センター 鳥羽 研二

16時10分~16時20分

障害者対策総合研究開発事業<身体・知的等障害分野>「両側前庭障害患者におけるノイズ前庭電気刺激によるバランス障害の改善」

東京大学 岩崎 真一

16時20分~16時25分

閉会挨拶
プログラムディレクター 岡部 繁男

16時25分~17時00分

ポスターセッション2(Room B)

場所

イイノホール
東京都千代田区内幸町2-1-1

定員

500名(予定)
参加対象:一般(要事前参加登録)

参加費

無料

主催

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)

参加お申し込み

参加のお申し込みは以下のリンクをクリックしていただくか、QRコードを読み込んで表示されるページよりお申し込みください。

※申し込みは外部サービスを利用して受け付けております。そのため、申し込みページのURLは「https://krs.bz/amed/」で始まるアドレスとなります。

お問い合わせ先

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構
戦略推進部 脳と心の研究課
E-mail:brain“AT”amed.go.jp Tel:03-6870-2222
※お問い合わせはE-mailでお願い致します。
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

関連リンク

< 戻る

最終更新日 2016年12月22日

「薬剤耐性(AMR)シンポジウム―AMEDにおける基礎から創薬までの研究開発最前線―」開催のお知らせページへ

「AMEDシンポジウム2017」開催レポートページへ