イベント

開催日:平成28年6月28日 AMED研究公正国際シンポジウム「ORI(米国研究公正局)に聞く 医学研究における不正の防止と調査」開催のお知らせ

シンポジウム・開催案内ポスター(サムネイル)
シンポジウム開催案内PDF(733KB)
画像をクリックするとPDFファイルが表示されます

日本医療研究開発機構(AMED)研究公正・法務部は、来る6月28日(火)に、AMED研究公正国際シンポジウム「ORI(米国研究公正局)に聞く 医学研究における不正の防止と調査―今、行政、配分機関、研究現場は何をすべきか」を開催します。

研究不正防止・研究不正調査に関して、国及び研究機関における体制の整備が先立って進んだアメリカにおける制度の発展や取組みを紹介すると共に、日本の課題を検討し、行政、配分機関、研究機関における取組みの改善に役立てることを目的として開催します。

多数の方のご参加をお待ちしております。

開催概要

日時

2016年6月28日(火)13時30分~17時10分

会場

東京国際フォーラム ホールD5
東京都千代田区丸の内3丁目5−1

定員

200名 参加費無料(要事前登録。定員に達し次第受付終了)

主催

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

プログラム

※全プログラム同時通訳付き

開会挨拶
末松 誠 M.D./Ph.D.(日本医療研究開発機構 理事長)
日本における研究公正に関する取り組みの進展と現状
市川 家國 M.D.(一般財団法人公正研究推進協会専務理事)
第一部 研究不正調査の実施とその課題 13時50分~15時30分
  • 日米における研究不正調査制度の概観と相違
    札野 順Ph.D.(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院 教授)
  • アメリカにおける研究機関の研究不正調査手続―告発受理から調査報告まで
    David Hudson Ph.D.(ヴァージニア大学研究担当副総長室 参事)
  • 研究不正における連邦保健福祉省研究公正局(ORI)の役割:政策と実践
    Suzan Garfinkel Ph.D.(連邦保健福祉省研究公正局 研究不正調査監査課 ディレクター)
  • 日本における研究不正調査の課題―アメリカからの助言
    札野 順Ph.D. 、Suzan Garfinkel Ph.D. 、David Hudson Ph.D.
第二部 研究不正の未然防止 15時50分~17時10分
  • ORIによる研究公正教育・研究公正に関する支援と取り組み
    Zoё Hammatt J.D. 、M.Phil.(連邦保健福祉省研究公正局[ORI] 教育・公正課 ディレクター)
  • 研究公正に向けた研究室での取り組みと課題
    小嶋 聡一Ph.D.(理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター 微量シグナル制御技術開発特別ユニット 特別ユニットリーダー)
  • 日本における研究公正に関する行政・配分機関の政策と課題

    菱山 豊(日本医療研究開発機構 執行役)【座長】

    広瀬 登(文科省 科学技術・学術政策局 人材政策課 研究公正推進室長)、Zoё Hammatt J.D. 、M.Phil. 、小嶋 聡一Ph.D.

閉会挨拶
鈴木 裕道(日本医療研究開発機構 研究公正・法務部 部長)

参加申し込み方法

参加ご希望の方は、以下のリンクよりお申し込みください。

※本シンポジウムの運営を委託している外部のサイトへ移動します。

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
研究公正・法務部
TEL:03-6870-2211
E-mail:kenkyuukousei“AT”amed.go.jp
※E-mailはアドレス“AT”の部分を@に変えてください。

< 戻る

最終更新日 2016年5月30日

「薬剤耐性(AMR)シンポジウム―AMEDにおける基礎から創薬までの研究開発最前線―」開催のお知らせページへ

「AMEDシンポジウム2017」開催レポートページへ