お知らせ

2016年12月26日 「医療研究開発推進に関する医療経済的な視点も踏まえた今後の在り方検討委員会」の検討結果及びこれを受けた対応等について

 日本医療研究開発機構(AMED)は、昨今の画期的な新薬の保険収載を巡って、イノベーションの評価と国民皆保険の維持を両立する観点からの様々な取組や議論がなされている状況に鑑み、平成28年5月に、「医療研究開発推進に関する医療経済的な視点も踏まえた今後の在り方検討委員会」を設置して、医療保険を巡る昨今の状況を踏まえた、AMEDが支援する医療研究開発とその普及の在り方や研究開発費の確保等について検討を行ってきました。

 同委員会において、これまで検討を重ねてきた結果、「医療経済的視点も踏まえた医療の研究開発推進の在り方について」(報告書)が取りまとめられるとともに、AMEDにおいて、これを受けたAMEDとしての対応等について整理し、「医療経済的視点も踏まえた医療の研究開発推進の在り方についての検討結果及びこれを受けた対応等について」を取りまとめましたので、お知らせします。

関連リンク

< 戻る

最終更新日 2016年12月26日

知的財産

研究公正

公募情報