お知らせ

2016年6月7日プレスリリース 呼吸器感染症を引き起こす肺非結核性抗酸菌症の国内患者数が7年前より2.6倍に増加―肺結核に匹敵する罹患率―

慶應義塾大学医学部
国立研究開発法人日本医療研究開発機構

このたび、慶應義塾大学医学部感染制御センターの長谷川直樹教授、医学部内科学(呼吸器)教室の南宮湖(ナムグン ホウ)助教らは、国内における肺非結核性抗酸菌症(以下、肺NTM症)(注1)の罹患率が、7年前と比較して2.6倍と急激な勢いで上昇し、公衆衛生上、重要な感染症となっていることを報告しました。

非結核性抗酸菌(NTM)は、肺に感染することで慢性呼吸器感染症を引き起こします。肺NTM症は感染症法に指定されておらず、近年の疫学的実態は不明でした。今回、7年ぶりにアンケート調査を行い、結核の罹患率と比較することにより、肺NTM症の罹患率を算出しました。前回の全国調査と比較して、肺NTM症の罹患率は約2.6倍に上昇しており、患者数はすでに肺結核をしのぎ急激に増加していることが明らかになりました。また、今回の調査で日本は世界の中で肺NTM症の罹患率が最も高い国であることもわかりました。

しかし、患者数の著しい増加はわかりましたが、肺NTM症には有効な治療法はほとんどなく、肺NTM症について今後の更なる研究および対策の必要性が明示されました。

本研究は、結核予防会、国立感染症研究所と共同で行ったもので、本研究成果は、2016年5月17日(米国東部時間)、国際学術誌“Emerging Infectious Diseases”にオンライン掲載されました。

研究の背景と概要

非結核性抗酸菌症とは、結核菌・らい菌以外の抗酸菌によって引き起こされる病気です。結核との大きな違いは、ヒトからヒトへ感染せず、病気の進行が緩やかであるにも関わらず抗菌薬による治療が難しい点が挙げられます。結核の減少とは逆に発症者が増えてきており、確実に有効な治療がないため、患者数は蓄積され、重症者も多くなってきています。しかし、2007年の全国調査以後、日本国内において疫学調査は実施されておらず、近年の肺NTM症の疫学的実態は不明でした。

今回、日本呼吸器学会認定施設・関連施設(884施設)に、2014年1月から3月までの肺NTM症と結核の新規診断数を記入するアンケート調査を実施しました。その結果、肺NTM症の推定罹患率は14.7人/10万人年と算出され、2007年の全国調査と比較して約2.6倍に増加していることがわかり、公衆衛生上、重要な感染症であることが示されました。(図1)肺NTM症の患者数の急激な増加の要因は、医療従事者の間での認知度向上・高齢化・診断精度の向上・検診機会の増加などが考えられますが、明らかな理由は不明であり、今後の研究が待たれます。

説明図・1枚目
図1)肺NTM症の罹患率の年次推移

肺NTM症のうち、肺MAC症(注2)が88.8%と大多数を占め、全世界でも最も多いと報告されています。今回の調査により、次いで多い肺NTM症は、肺Mycobacterium kansasii症(0.6人/10万人年)、肺Mycobacterium abscessus症(0.5人/10万人年)と判明し、特に肺NTM症の中で最も難治性の肺Mycobacterium abscessus症は、推定罹患率0.5人/10万人年と算出され、7年前と比較して約5倍と急激に増加していることがわかりました。

さらに、肺Mycobacterium avium症と肺Mycobacterium intracellulare症の分布が地域により大きく異なることが示され、肺Mycobacterium avium症の罹患率は東日本でより高く、肺Mycobacterium intracellulare症の罹患率は西日本でより高い傾向が見られました。その結果、肺Mycobacterium intracellulare症の割合は、著明な「西高東低」を示しました。(図2)

説明図・2枚目
図2)肺
Mycobacterium avium症と肺Mycobacterium intracellulare症の分布

研究の成果と意義・今後の展開

今回の調査により、肺NTM症の発症が結核の発症者をしのぐ勢いで増加していることが、わかりました。

結核は治療により、その大多数は治癒しますが、肺NTM症は現時点において、有効な治療はほとんどなく、有病率(注3)は結核よりもさらに高いと予想されます。特に肺NTM症の中で最も難治性の肺Mycobacterium abscessus症は、2007年の0.1人/10万人年から約5倍と大幅な増加を認めており、今後の対策が急務であると考えられます。

肺NTM症が患者さんへの負担に加え、社会に及ぼす影響は、既に十分に高いと考えられ、有病率を含めた肺NTM症の詳細な実態把握、及び肺NTM症への更なる対策は今後の重要な課題です。

特記事項

本研究は国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)「新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業」の支援によって行われました。

論文

論文名:“Epidemiology of Pulmonary Nontuberculous Mycobacterial Disease, Japan” 日本における肺非結核性抗酸菌症の疫学
掲載誌:Emerging Infectious Diseases (注4)
著者名:南宮湖、倉島篤行、森本耕三、星野仁彦、長谷川直樹、阿戸学、御手洗聡
掲載日:2016 年5月17日

用語解説

(注1)肺非結核性抗酸菌症(肺NTM症):
結核菌・らい菌を除く抗酸菌の総称を非結核性抗酸菌(NTM)といい、水や土などの環境中に存在する菌で、150種類以上発見されています。結核菌のようにヒトからヒトへは感染せず、また、菌の種類によって病原性は様々です。
(注2)肺MAC症:
MACはMycobacterium avium complexの略称で、Mycobacterium aviumMycobacterium intracellulareの二つから構成され、全世界で最も多い非結核性抗酸菌です。
(注3)有病率:
罹患率は特定期間中の疾患の新規発生症例数であるのに対し、有病率は特定時点における疾患を有する人口です。そのため、肺NTM症のような難治性の慢性疾患は、急性疾患と比較して有病率が高くなります。
(注4)Emerging Infectious Diseases:
米国疾病管理予防センター(CDC)により出版される学術誌で、感染症領域に関わる人々に幅広く読まれています。

お問い合わせ先

本発表資料のお問い合わせ先

慶應義塾大学医学部 感染制御センター
教授 長谷川直樹(はせがわ なおき)
TEL:03-3353-1211 FAX:03- 5363-3711
E-mail:n-hasegawa“AT”z8.keio.jp
http://www.hosp.keio.ac.jp/annai/shinryo/infectioncontrol/

本リリースの発信元

慶應義塾大学 信濃町キャンパス総務課
担当:谷口・吉岡
〒160-8582 東京都新宿区信濃町35
TEL:03-5363-3611 FAX:03-5363-3612
E-mail:med-koho“AT”adst.keio.ac.jp

AMED事業に関するお問い合わせ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
戦略推進部 感染症研究課
TEL:03-6870-2225
E-mail:kansen“AT”amed.go.jp

※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

関連リンク

< 戻る

最終更新日 2016年6月7日

知的財産

研究公正

公募情報