お知らせ

2016年8月25日プレスリリース アルツハイマー病の新たな抗体治療に道をひらく―アミロイド凝集前の病態シグナルを治療の分子標的に―

国立大学法人東京医科歯科大学
国立研究開発法人日本医療研究開発機構

ポイント

東京医科歯科大学・難治疾患研究所/脳統合機能研究センター・神経病理学分野の岡澤均教授の研究グループは、アミロイド凝集前にリン酸化の異常変動を示すタンパク質MARCKSを先行研究で同定しましたが、今回の研究で、MARCKSの上下のシグナル経路と病態意義を明らかにし、さらにMARCKSのリン酸化を誘導する細胞外分子HMGB1を標的とする抗体治療法を開発しました。この研究は、理化学研究所・宮脇敦史・副センター長、同・西道隆臣チームリーダー、名古屋大学・祖父江元特任教授、創価大学・中嶋一行教授、MBL・梶川益紀博士らとの共同研究として行われ、平成26年度から始まった文部科学省『革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト』(平成27年度から日本医療研究開発機構:AMEDへ移管)の支援のもとで実施されたもので、その研究成果は、国際科学誌Scientific Reports(サイエンティフィック レポーツ)に、2016年8月25日午前10時(英国時間)にオンライン版で発表されます。

研究の背景と結果の概要

アルツハイマー病を初めとする神経変性疾患は、細胞の内外に異常タンパク質が蓄積することが病理学的な特徴です。アルツハイマー病では、細胞外にアミロイドベータ(注1)と呼ばれる異常タンパク質が沈着する老人斑と、細胞内にタウタンパク質が凝集する神経原線維変化の2つが起こることが知られています。これまで数々の治療法が試みられてきましたが、十分な有効性を示すものは得られていません。特に、約15年前からアミロイドベータに対する抗体医薬品の臨床試験が国際的な規模で行われてきましたが、脳内のアミロイドベータ除去に成功したものの、患者の症状は改善が見られないことも予想外の知見として得られました。このため、脳内にアミロイドベータ凝集が起きた後から治療を開始するのでは既に遅く、アミロイドベータの脳内での溜まり始めにアミロイド抗体療法を開始する、あるいは、脳内にアミロイドベータ凝集が起きる以前の超早期(Phase 0)に生じる脳内分子変化を解明して、新たな分子標的に対する治療を開発する必要があると考えられるようになってきました。

説明図

図の説明:

アミロイドの細胞外凝集(老人斑)が形成される以前より、細胞内アミロイド蓄積のある神経細胞、過度の興奮状態にある神経細胞、あるいはその両者の合併した状況では、ダメージシグナルとして細胞外にHMGB1が放出される。HMGB1は周辺の神経細胞の膜受容体TLR4に結合してMARCKSのリン酸化につながる異常なシグナルを誘導する。その結果、神経突起変性を引き起こす。HMGB1抗体療法は、HMGB1の細胞外拡散を防ぐことで、神経突起変性を抑制し、認知症の症状を抑制する。

研究成果の意義

本研究により、MARCKS、TLR4、HMGB1などの分子が担う、アルツハイマー病超早期病態の一端を明らかにし、さらに細胞外HMGB1を標的とする新規抗体治療法を開発しました。本研究成果は、アルツハイマー病治療に直接役立つ可能性があり、今後はHMGB1抗体の実用化に向けてヒト患者に使用可能な製剤化を行い、さらに臨床試験を行うことを目指します。また、本研究成果を手掛かりに、さらに超早期病態の全容解明を進めることにより、新たな治療標的分子あるいは新たな治療標的メカニズムが得られることが期待されます。

用語の解説

注1:アミロイドベータ
アルツハイマー病の病理像を特徴付ける分子であり、病理学的にアミロイドベータが脳内特に細胞外に沈着していること(老人斑)をもって、アルツハイマー病と診断している。細胞の膜タンパクであるアミロイド前駆体タンパク質が2つの酵素(ベータセクレターゼ、ガンマセクレターゼ)によって切断を受けて産生される40から42、3のアミノ酸からなるペプチドである。構造上、互いに会合しやすく凝集体を形成する。かつては、老人斑のような巨大な凝集体に毒性があると考えられていたが、オリゴマーと呼ばれる凝集前の状態にも毒性があることが分かっている。
注2:興奮性シナプス
神経細胞が次の神経細胞に電気的興奮を伝える構造をシナプスと呼び、遠心路(軸索)の終末(軸索終末もしくはシナプス前部)と求心路(樹状突起)の先端部(シナプス後部)によって構成される。シナプス前部からはシナプス小胞に含まれる伝達物質が放出され、シナプス後部の受容体を介して化学的伝達を電気的伝達に変換する。シナプス後部の受ける電気的伝達には脱分極と過分極の二つがあり、それぞれが興奮性シナプス、抑制性シナプスと呼ばれる。興奮性シナプスのシナプス後部は小さな突起となっており、これをスパインと呼ぶ。
注3:DAMPs
ダメージを受けた細胞が細胞外に放出する分子群のこと。HMGB1、S100などのタンパク質以外に、尿酸、RNA、DNA、ヘパラン硫酸なども含まれる。多くは炎症を惹起して周辺細胞に悪影響を与える。アミロイドベータもDAMPの一つと考えられている。Toll-like receptor(TLR)はDAMPsの受容体として代表的なものである。
注4:HMGB1
High mobility group box1の略称。細胞の核内に豊富に存在する概ね215個のアミノ酸で形成されるタンパク質であり、DNA構造を変換する働きを持っている。この働きは、転写、複製、DNA損傷修復など重要な核機能を果たす上で必須なものと考えられている。近年、細胞質にもHMGB1は移行して、オートファジーやミトコンドリアDNA損傷修復にも働くことが示されている。このような細胞生存に必須なタンパク質であるが、細胞がダメージを受けた場合には、細胞外に放出されて細胞障害もしくは炎症反応を惹起する。

お問い合わせ先

研究に関すること

東京医科歯科大学 難治疾患研究所・脳統合機能研究センター
神経病理学分野 岡澤 均(オカザワ ヒトシ)
TEL:03-5803-5847 FAX:03-5803-5847
E-mail:okazawa.npat“AT”mri.tmd.ac.jp

AMED事業に関すること

日本医療研究開発機構 脳と心の研究課
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1
TEL:03-6870-2222 FAX:03-6870-2244
E-mail:brain-pm“AT”amed.go.jp

報道に関すること

東京医科歯科大学 広報部広報課
〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45
TEL:03-5803-5833 FAX:03-5803-0272
E-mail:kouhou.adm“AT”tmd.ac.jp

※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

関連リンク

< 戻る

最終更新日 2016年8月25日

知的財産

研究公正

公募情報