イベント 令和2年11月19日 第7回再生医療産学連携バリューチェーンセミナー『再生医療知財に関する諸課題』開催のお知らせ

令和2年11月6日開催案内

開催概要

一般社団法人日本再生医療学会では、国立研究開発法人日本医療研究開発機構が実施する再生医療臨床研究促進基盤整備事業の一環で、再生医療に関わる研究者と企業を中心に、バリューチェーンの創出に必要な制度的枠組み並びに運用について意見交換を行い、産学連携の更なる推進を目的としたセミナーを開催しております。第7回目である今回は、「再生医療知財に関する諸課題」をテーマとし、再生医療関連の知財について広く学びを深めるセミナーとなっております。再生医療実用化の事例を交え、知財の重要性をお伝えしたく、アカデミアの先生方にもぜひお聞きいただきたい内容となっております。皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

つきましては、下記のとおり、イベントを開催いたしますので、ご都合がよろしいようでしたら、ご参加賜りますようご案内申し上げます。

詳細は日本再生医療学会ホームページをご確認ください。

名称

第7回再生医療産学連携バリューチェーンセミナー『再生医療知財に関する諸課題』

会期

令和2年11月19日(木)13時00分~15時30分

会場

開催方法:Zoomウェビナー ※オンライン開催

定員

500名程度(先着順)

参加申し込み

事前申込制:ご参加ご希望の方は、参加申し込みフォームより必要事項をご入力の上お申し込みください。
参加申込〆切:11月16日(月)16:00まで
参加費:無料

参加申込フォーム

※クリックすると参加申込フォーム(外部サイト)にリンクします

主催

一般社団法人日本再生医療学会

後援

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

プログラム

時間 内容
13時00分~13時10分 開会挨拶・話題提起:
畠 賢一郎(JSRM/J-TEC)
13時10分~13時30分 講演Ⅰ:「研究成果の公表の際の留意点ー知財の観点からの重要なポイントー」
中村 浩(特許庁)
13時30分~13時50分 講演Ⅱ:「再生医療分野におけるアカデミアに必要な知財戦略」
吉田佳代子(大阪大学)
13時50分~14時10分 講演Ⅲ:「米国アカデミア研究機関による驚異的な特許戦略事例から導かれた早期からの特許戦略支援の重要性」
森田 裕(大野総合法律事務所)
14時10分~14時30分 講演Ⅳ:「研究室からベンチャー起業、その先も続く再生医療の実用化を目指す研究開発現場のリアルな知財」
壬生優子(壬生弁理士事務所)
14時30分~14時50分 講演Ⅴ:「標準を絡めた再生医療知財戦略について-オープン/クローズの考え方-」
河内幾生(富士フイルム(株)/FIRM)
14時50分~15時25分 総合討論:「再生医療知財に関する諸課題」について
畠 賢一郎(JSRM/J-TEC)、齋藤 充弘(JSRM/大阪大学)
15時25分~15時30分 閉会挨拶:
大和雅之(JSRM/東京女子医科大学)

お問い合わせ先

宛先 一般社団法人日本再生医療学会 再生医療ナショナルコンソーシアム事業室
Tel 03-6262-3028
Fax 03-6262-3029
E-Mail nc"AT"jsrm.jp
備考

※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。