トップ 日本医療研究開発機構ホームページ ウェブアクセシビリティ方針

ウェブアクセシビリティについて

ウェブアクセシビリティとは、 高齢者や障害者を含めて、誰もがホームページ等で提供される情報や機能を支障なく利用できることを意味します。( 総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」 より)

ウェブアクセシビリティに関する日本工業規格(JIS) X 8341-3:2016が平成28年に改正公示され、これに伴い改定された総務省「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)」により、国及び地方公共団体等の公的機関に対しJISに対応したホームページを提供するための取組みが求められています。

日本医療研究開発機構ホームページ ウェブアクセシビリティ方針

日本医療研究開発機構ホームページでは、誰もが負担なく情報を取得できるよう、日本工業規格(JIS) X 8341-3「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」への対応を進め、適合レベルAAに準拠することを目標として、ウェブアクセシビリティの向上に努めます。

※ 本方針における「準拠」という表記は、 情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン - 2016年3月版」  で定められた表記によります。

(1)対象範囲

https://www.amed.go.jp/以下のウェブページ。
ただし、https://www.amed.go.jp/外の以下のウェブページ、外部サービスを利用したお問い合わせフォーム及びUstream.tvで公開しているコンテンツは対象範囲外とします。

(2)目標とする適合レベル及び対応度

JIS X 8341-3:2016の適合レベルAAに準拠。

(3)目標を達成する期限

2020年3月末

(4)例外事項

日本工業規格(JIS)X 8341-3:2016の1.4.3コントラスト(最低限レベル)の達成基準については、他組織から提供されたPDF等の画像もあることなどから、目標達成期限までは例外とします。

(5)試験結果

適合レベルAに一部準拠。(平成29年度)

(6)現時点で把握している問題点とその対応に関する考え方

平成29年度試験結果(平成30年3月実施)に不適合であったウェブページについては、9月末までに適合レベルAに準拠するよう対処しましたが、同様のページが複数あるため、それらについても修正をします。また、例外事項についても、PDFなどに掲載している情報をHTMLにも掲載するなど可能な範囲で対応します。さらに、対象範囲外とした事業に関連したサイトについても、ウェブアクセシビリティの確認・向上に努めます。

(7)改定

2018年10月の主な改定

  • 目標達成期限を2018年3月末から2020年3月末に変更
  • 平成29年度に実施した試験結果を掲載
  • 現時点で把握している問題点とその対応に関する考え方を記載

(8)取組確認・評価表

(9)担当部署

アクセシビリティに関するご意見、ご要望についても、以下の担当部署までご連絡ください。

経営企画部 企画・広報グループ
電話:03-6870-2245
Eメール:contact"at"amed.go.jp
※ Eメールは上記アドレス"at"の部分を@に変えてください。
※メールの件名に「ウェブサイトのアクセシビリティについて」と記載いただけると幸いです。