イベント 令和2年10月21日 シンポジウム「研究データの重要性と公正研究の推進」開催のお知らせ

令和2年9月18日開催案内

更新履歴

令和2年9月18日 参加申し込み時のお願いを追加しました。

開催概要

研究者が自信を持って研究成果を発表できるようになるためには、どうしたらいいのでしょうか。
本シンポジウムでは、研究者が研究データの質を向上させることはなぜ必要なのか、どのようにしてそれを行えばいいのかについての話題提供をし、研究データの質の向上を図っていくための指導者育成について考えていきます。

シンポジウムリーフレット セミナー開催案内
画像をクリックするとPDFファイルが表示されます。

名称

シンポジウム「研究データの重要性と公正研究の推進」

会期

令和2年10月21日(水)13時30分~17時00分

会場

本シンポジウムは、webセミナーとして開催します。
(東京の会場で開催するシンポジウムを、webで配信します)

対象

  • 自然科学系の研究室において指導的立場にある方
  • 研究倫理教育の講師等
  • 研究公正活動に携わる方

定員

100名(定員に達し次第、受付を終了します)

参加費

無料(※通信費自己負担)

主催

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

プログラム

基調講演
研究データの重要性について
浅島 誠(帝京大学 特任教授)
講演1
研究データの質向上の指導者育成のための研修プログラム
飯室 聡(国際医療福祉大学 教授)
講演2
日本と米国の研究室における研究データの取り扱いへの取り組み
岩田 洋(順天堂大学 准教授)
フリーディスカッション
話題1 研究データの質を向上させるためには
話題2 研究データの質向上のための指導者を育成するためには
登壇者:講師3名、藤田 烈(国際医療福祉大学 講師)

参加申し込み

参加ご希望の方は、以下のリンクよりお申し込みください。

※申し込みは、外部サービスを利用して受け付けております。
PCの映像を投影して複数人で視聴する場合は、代表の1名のみが登録してください。
既に複数名登録してしまった場合は、下記の運営事務局へキャンセルの連絡をお願いします。

お問い合わせ先

お問い合わせ先

宛先 運営事務局(株式会社プロセスユニーク内)
Tel 03-6264-6435
Fax 03-6264-6445
E-Mail amed201021”AT”p-unique.co.jp
※E-mailはアドレス”AT”の部分を@に変えてください