その他お知らせ 【注意喚起】AMEDが送信したメールを流用する不審メールにご注意ください

令和2年8月18日

Emotetと呼ばれるウイルス感染を狙うメール攻撃が、再流行の兆しがあるとの報道がなされています。

Emotetは、感染した端末からメール情報を盗み取ります。攻撃者は、盗み取った氏名、メールアドレス、メール本文の一部を流用して、新しい攻撃メールを作成するため、攻撃メールと気づきにくく注意が必要です。

これまでのところ、AMED端末の感染は確認されていませんが、AMEDからのメールになりすました不審メールが、研究機関等に届く可能性がありますので、十分にご注意いただきますようお願いします。

発信元メールアドレスのドメインが正しいか、文面に不自然な点がないかなどを確認いただき、少しでも不審な点があれば、添付ファイルを開いたり、本文中のリンクをクリックすることなく、各所属機関のルールに従って適切に対応いただきますよう、よろしくお願いします。

参考情報

最終更新日 令和2年8月18日