事業に関するお知らせ 「ヒト幹細胞アーカイブ」実施拠点への細胞寄託受付の再開について

平成31年1月22日事業に関するお知らせ

概要

AMED「再生医療実現プロジェクト」が支援する研究において、臨床研究を実施する場合には、臨床研究に使用する細胞(再生医療等安全性確保法に基づく細胞加工物)の一部を「ヒト幹細胞アーカイブ」実施拠点に寄託することになっています。今般、「ヒト幹細胞アーカイブ」実施拠点への細胞寄託の受付が再開されましたので、お知らせいたします。

「ヒト幹細胞アーカイブ」実施拠点では、移植から時間が経過した後に移植に用いた細胞を溯って調べることを可能にするため、細胞の長期保管体制を整備しています。なお、平成30年度より、「ヒト幹細胞アーカイブ」実施拠点は、先端医療振興財団(現 神戸医療産業都市推進機構)から大阪大学の細胞治療アーカイブ拠点へ変更になっております。

細胞の寄託方法

大阪大学細胞治療アーカイブ拠点のホームページより申請書をダウンロードし、細胞治療アーカイブ事務局に申請してください。

細胞の寄託に関するお問い合せ先(細胞治療アーカイブ事務局)

  • E-mail ahsc-info"AT"dmi.med.osaka-u.ac.jp
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

Q&A

Q. 寄託する細胞の範囲について
A. AMED臨床研究課題で移植に用いたヒト幹細胞、その他寄託を希望する細胞
Q. 最終加工物以外(原料、中間加工物等)について
A. 申請者の希望に応じて受け入れを検討する
Q. 細胞の保管条件について
A. 液体窒素気相保存(-150℃以下)
Q. 細胞の保存サンプルチューブについて
A. 指定のサンプルチューブもしくは拠点から事前送付したサンプルチューブに保存

※詳細は細胞治療アーカイブ事務局にお問い合わせください。

お問い合わせ先

「再生医療実現プロジェクト」に関するお問い合わせ先(AMED事務局)

宛先 国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 戦略推進部再生医療研究課
住所 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル22階
E-Mail saisei3“AT”amed.go.jp
備考
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

最終更新日 平成31年1月22日