公募情報 海外 平成30年度 「次世代がん医療創生研究事業」に係る公募(1次公募)の採択課題について

  • 平成30年5月15日

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,該当なし
分野 がんに対応した研究
お問い合わせ先
日本医療研究開発機構 戦略推進部がん研究課 次世代がん医療創生研究事業 1次公募担当
TEL: 03-6870-2221
E-mail: koubo-jisedai“AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成30年度「次世代がん医療創生研究事業」に係る公募(1次公募・標的探索研究タイプ)について、本事業の課題評価委員会において厳正な審査を行った結果、下記のとおり採択課題を決定いたしました。

研究領域A
がんの発症・進展に関わる代謝産物やタンパク質相互作用に着目した新規治療法の研究(治療ターゲット)

研究開発課題名 研究開発代表者 所属機関
アミノ酸輸送体を標的としたがんの代謝制御による新規治療法の研究開発 金井 好克 大阪大学
難治性がんを対象とした新規抗体医薬品の開発研究 菊池 章 大阪大学
肺神経内分泌腫瘍の代謝特性を標的とした新規治療 田沼 延公 宮城県立がんセンター
Dnmt1とDualモノユビキチン化タンパク質との結合を標的とした新たなDNA低メチル化誘導薬物の開発 中西 真 東京大学
急性骨髄性白血病に対する新規分化誘導療法の開発 前田 高宏 九州大学

研究領域B
がん生物学と異分野先端技術の融合による新規創薬システムの構築とそれによるがん根治療法の研究(異分野融合創薬システム)

研究開発課題名 研究開発代表者 所属機関
放射錯体化学とDDS先端技術の融合による革新的RI内用療法/radio-theranosticsの創出 梅田 泉 国立がん研究センター
がん抑制因子活性化を利用した治療耐性獲得乳がんに対する新規治療法開発 片桐 豊雅 徳島大学
がん生物学とウイルス学の融合による抗がんウイルス創薬システムの開発 藤堂 具紀 東京大学
細胞競合を応用した前がん病変部に対する新規診断法・予防的治療法の開発 藤田 恭之 北海道大学
リプログラミング技術を用いた腫瘍内多様性に対応する骨髄異形成症候群と急性骨髄性白血病の新規治療法の開発 吉田 善紀 京都大学

研究領域C
体内のがん細胞を取り巻く環境制御と免疫応答効率化への革新的・基盤的治療法の研究(免疫機能制御)

研究開発課題名 研究開発代表者 所属機関
がん細胞の遺伝子変異を認識する腫瘍浸潤リンパ球のTCRレパトアと認識抗原解析に基づく効果予測法の確立と、同定TCRによる革新的な個別がん免疫療法の開発 池田 裕明 長崎大学
がん関連線維芽細胞の多様性の機序解明とその改変にもとづく腫瘍免疫制御法の開発 榎本 篤 名古屋大学
ヒト単球系列細胞及び腫瘍関連マクロファージを標的とした抗腫瘍ADC開発 樗木 俊聡 東京医科歯科大学
プロテオゲノミクスによるlncRNAがん抗原を標的とした革新的免疫治療の開発 金関 貴幸 札幌医科大学
免疫細胞動態・分化・代謝制御による抗腫瘍免疫微小環境の最適化 熊ノ郷 淳 大阪大学

研究領域D
患者に優しい高感度・高精度ながん診断法の研究(診断/バイオマーカー) 

研究開発課題名 研究開発代表者 所属機関
再バリデーション成功マーカーを用いた進行食道扁平上皮がんの化学放射線療法への抵抗性予測診断システムの開発 牛島 俊和 国立がん研究センター
高リスクER陽性乳がんの内分泌療法耐性機序解明に基づく診断法と薬物療法の開発 太田 智彦 聖マリアンナ医科大学
子宮体がんリンパ節転移予測診断マーカーを用いた術中迅速検査技術の開発  ~がんと向き合う女性に優しい個別化医療を目指して~ 寺尾 泰久 順天堂大学
免疫チェックポイント阻害薬使用による免疫関連副作用予測システムの開発 藤村 卓 東北大学
がん酸化還元代謝をバイオマーカーとする治療効果の早期画像診断法の開発 松尾 政之 岐阜大学

研究領域E
がん細胞の不均一性等に対応した難治性がんの治療法の研究(がん多様性) 

研究開発課題名 研究開発代表者 所属機関
液性免疫に焦点を当てた胃癌ゲノミクスの多様性解明と介入法探索 石川 俊平 東京医科歯科大学
早期がん及びリスク依存がんの統合解析による肺発がん多様性の理解と重点化治療戦略の策定 河野 隆志 国立がん研究センター
トランスポゾンを用いたがん悪性化に関与するドライバー遺伝子の同定と機能検証 武田 はるな 金沢大学
網羅的免疫ゲノム解析によるがん免疫環境の理解と免疫ゲノム治療標的の探索 中川 英刀 理化学研究所
ゲノム解析による骨軟部腫瘍の多様性の解明と治療標的・バイオマーカーの探索 松田 浩一 東京大学
 (各領域ごとに五十音順で表示・5月15日時点の情報)

評価経過情報

公募期間 平成30年1月25日~平成30年2月22日(正午)
会合審査日 平成30年4月7日、10日、11日、12日、16日
申請数 188課題
採択数 25課題

最終更新日 平成30年5月15日