公募情報 若手 平成29年度 「免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野)(1次公募)」の採択課題について

  • 平成29年3月29日

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験,市販後,観察研究等,該当なし
分野 健康・医療戦略の推進に必要となる研究開発
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略推進部 難病研究課   免疫アレルギー疾患実用化研究分野   担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目7番1号 読売新聞ビル22階
TEL:03-6870-2223
E-mail:nambyo-info"at"amed.go.jp
備考:
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。
※E-mailは上記アドレス“at”の部分を@に変えてください。

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構
戦略推進部 難病研究課

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成29年度「免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野)(1次公募)」について、課題評価委員会において厳正な審査を行った結果、下記の通り決定いたしましたのでお知らせいたします。

1-A【アレルギー疾患領域】診療の質の向上に資する研究(患者実態調査~基盤構築研究)
研究開発課題名 代表機関名 研究開発代表者名 職名
乳児アトピー性皮膚炎への早期介入と経口免疫寛容誘導によるアレルギーマーチへの影響を探索する前向きコホート研究 国立成育医療研究センター 大矢 幸弘 医長
1-B【免疫疾患領域】診療の質の向上に資する研究(患者実態調査~基盤構築研究)
研究開発課題名 代表機関名 研究開発代表者名 職名
関節エコーによる関節リウマチ診療の最適化・標準化 千葉大学 池田 啓 助教
川崎病特異物質(PAMPs)に焦点を当てた川崎病の新規診断・治療法の確立 福岡市立病院機構
福岡市立こども病院
原 寿郎 院長
2-A【アレルギー疾患領域】病態解明治療研究(基礎的研究~ステップ0)
研究開発課題名 代表機関名 研究開発代表者名 職名
アスピリン喘息/NSAIDs不耐症の病因・機序の最終的な解明とその治療薬の開発に向けての研究 国立病院機構
相模原病院臨床研究センター
谷口 正実 センター長
2-B【免疫疾患領域】病態解明治療研究(基礎的研究~ステップ0)
研究開発課題名 代表機関名 研究開発代表者名 職名
疾患ゲノム情報を活用した自己免疫疾患における核酸ゲノム創薬の推進 大阪大学 岡田 随象 教授
全身性エリテマトーデスの革新的治療法のための転写因子IRF5阻害剤の開発 横浜市立大学 田村 智彦 教授
(五十音順)

最終更新日 平成29年3月29日