公募情報 若手 平成29年度 「循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業(3次公募)」の採択課題について

  • 平成29年10月23日

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験,市販後,観察研究等,該当なし
分野 健康・医療戦略の推進に必要となる研究開発
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略推進部 難病研究課   担当
TEL:03-6870-2223
E-mail:nambyo-info“AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成29年度「循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業」に係る公募(3次公募)について、課題評価委会において厳正な審査を行った結果、下記の通り決定いたしましたのでお知らせいたします。

1.生活習慣病の発症・重症化における睡眠の影響を調べるための評価指標の開発研究
研究開発課題名 代表機関名 研究開発代表者名 職名

睡眠障害(睡眠時無呼吸、睡眠時間及び睡眠分断)と生活習慣病の関連と影響を検討する基盤的研究

京都大学

陳 和夫

特定教授

2.循環器医療(心不全及び冠動脈疾患)に係る医療の適正化を目指した研究
研究開発課題名 代表機関名 研究開発代表者名 職名
循環器病医療の適正化に資するための、 全国大規模データベースによるエビデンスの創出 東京大学 小室 一成 教授
3.脳卒中の予後改善を目的とした新たな治療法の開発研究
研究開発課題名 代表機関名 研究開発代表者名 職名
急性期脳梗塞へのアドレノメデュリンの有効性と安全性を探索する 医師主導治験に向けた基盤データの収集 国立循環器病研究センター 齊藤 聡 医師
脳梗塞後の慢性的な炎症を予防する薬剤の開発 東京都医学
総合研究所
七田 崇 プロジェクトリーダー
脳梗塞急性期再開通療法における環境応答性ナノ粒子化活性酸素消去剤(RNP)による脳保護療法の開発 筑波大学 丸島 愛樹 講師

(五十音順)

参考ページ

最終更新日 平成29年10月23日