公募情報 若手 海外 平成30年度 「肝炎等克服緊急対策研究事業」の採択課題について

  • 平成30年4月17日

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験,市販後,観察研究等,該当なし
分野 健康・医療戦略の推進に必要となる研究開発
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略推進部 感染症研究課 肝炎等克服緊急対策研究事業事業 担当(伊藤、佐藤、松本)
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル22階
TEL: 03-6870-2225(課代表)
E-mail: hepatitis”at”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス”at”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、本事業の課題評価委員会(※)における厳正な審査を行った結果、平成30年度「肝炎等克服緊急対策研究事業」の採択課題を決定しましたのでお知らせいたします。

(※)委員名簿はこちら

(101)B型肝炎患者のドラッグフリーを目指した治療法に関する研究
研究開発代表者 所属機関名 職名 研究開発課題名
日浅 陽一 愛媛大学 教授 核酸アナログ離脱を目的とするB型肝炎ウイルスに対する免疫治療法の開発
村田 一素 国際医療福祉大学 教授 Nucleotide analogue製剤のサイトカイン誘導を利用してB型肝炎のドラッグフリーを目指す治療法の開発および創薬に関する研究
(102)B型肝炎ウイルスの再活性化・再燃による肝炎発症機序に関する研究
研究開発代表者 所属機関名 職名 研究開発課題名
溝上 雅史 国立国際医療研究センター プロジェクト長 B型肝炎再活性化の発生機序の解明と費用対効果に優れた予防法の開発
(103)C型肝炎治療開発に向けた新規作用機序の研究
研究開発代表者 所属機関名 職名 研究開発課題名
渡士 幸一 国立感染症研究所 主任研究官 核内ホルモン受容体リガンドを利用した難治性C型肝炎および脂肪性肝炎制御戦略 の構築
(104)新たな技術を用いた肝再生及び肝機能の維持回復に関する研究
研究開発代表者 所属機関名 職名 研究開発課題名
武部 貴則 東京医科歯科大学 教授 ゲノム付きNAFLDオルガノイドパネルを用いた革新創薬概念の実証
梅澤 明弘 国立成育医療研究センター 再生医療センター長 肝炎ウイルス感染による肝硬変、肝不全に対するヒトES細胞由来再生医療等製品による新規治療法の開発
稲垣 豊 東海大学 教授 エクソソーム内包再生促進因子に着目した線維肝再生の新たな診断・治療法の創出
(105)ウイルス性肝疾患を含む代謝関連肝がん発生の病態解明に関する研究
研究開発代表者 所属機関名 職名 研究開発課題名
小池 和彦 東京大学 教授 ウイルス性肝疾患を含む代謝関連肝がん発生の病態解明に関する研究
(106)細胞レベルでの肝発がん機構の解明と予防・治療法に関する研究
研究開発代表者 所属機関名 職名 研究開発課題名
考藤 達哉 国立国際医療研究センター 研究センター長 NASH肝がんのリピド・ゲノミクス研究に基づく個別化医療の開発
仁科 博史 東京医科歯科大学 教授 異常肝細胞排除機構を基盤にしたB型肝炎を中心とした肝疾患に対する革新的治療法の創出研究
(107)経口感染によるウイルス性肝炎の感染防止、病態解明、治療等に関する研究
研究開発代表者 所属機関名 職名 研究開発課題名
岡本 宏明 自治医科大学 教授 経口感染によるウイルス性肝炎(A型及びE型)の感染防止、病態解明、治療等に関する研究
 
(108)免疫学的手法を用いた肝疾患(ウイルス性肝炎を含む)の新規予防法、治療法開発に資する研究
研究開発代表者 所属機関名 職名 研究開発課題名
戸井田 力 産業技術総合研究所 研究員 NASH/NAFLDに対する炎症性免疫細胞標的化ナノメディシンの開発
由雄 祥代 国立国際医療研究センター 肝疾患先端治療研究室長 肝硬変患者における筋肉―肝臓連関の免疫学的解明に基づく治療戦略の構築
白崎 尚芳 金沢大学 助教 肝疾患に対する新規免疫制御機構に関する研究

最終更新日 平成30年4月17日