イベント 令和2年2月20日 【イベント中止】令和元年度「開発途上国・新興国等における医療技術等実用化研究事業」成果報告会開催のお知らせ

令和2年2月19日開催案内

更新履歴

令和2年2月19日 
新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、参加者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、本報告会の開催を中止することにいたしました。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

成果報告会について ※中止になりました

令和元年度「開発途上国・新興国等における医療技術等実用化研究事業」成果報告会を開催致します。

開発途上国・新興国では、日本とは異なる医療現場のニーズがあり、そのニーズに対応した医療機器開発の重要度が増しつつあります。日本医療研究開発機構では、日本とは異なる公衆衛生上の課題を抱えている開発途上国・新興国等における医療機器に対するニーズや価格水準に基づいた製品開発を行うために、実際に開発途上国の臨床現場で、バイオデザイン等デザインアプローチを用いたニーズの発見やコンセプト作成と上市に必要とされる研究開発の支援を行っております。

この度、本事業の令和元年度課題の成果について、その成果およびそこで得られた知見を、開発途上国・新興国等への国際展開を目指す国内の医療機器メーカーの企業経営者や開発部門責任者等の経営層、また、現場の研究者や技術者の方々にご紹介し、得られた成果を広く役立てていただくため、成果報告会を開催致します。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

※中止になりました

成果報告会開催案内画像をクリックするとPDFファイルが表示されます。

開催概要 ※中止になりました

名称

令和元年度「開発途上国・新興国等における医療技術等実用化研究事業」成果報告会

会期

令和2年2月20日(木)14時00分~17時00分

会場

TKP東京駅大手町カンファレンスセンター[22階]
(東京都千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル)

対象

医療機器メーカー※
企業経営者や開発部門責任者等のマネージメント層
企業の研究者、技術者、海外事業担当者等

※開発途上国や新興国向けの技術開発をして海外展開を目指す民間企業が対象です。

定員

100名(事前申し込み先着順)

参加費

無料(事前登録)

主催

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

プログラム

時間 内容
14時00分~ 開会挨拶
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
14時05分~ 来賓挨拶
厚生労働省
14時10分~ 招待講演
「日本企業による医療機器海外展開~先行者からの学び~」
一般社団法人Medical Excellence JAPAN(MEJ) 理事長 近藤 達也 氏
14時40分~ 特別講演
「インドにおける医療機器開発パートナーシップ構築とフルーガルイノベーション」
広島大学バイオデザイン部門 部門長 木阪 智彦 氏
15時10分~ 事業説明
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
15時20分~ 成果報告
日本光電工業株式会社
株式会社メトラン
栄研化学株式会社
株式会社ライトニックス
帝人ナカシマメディカル株式会社
16時00分~ 休憩
16時10分~ パネルディスカッション
ファシリテーター
公益財団法人医療機器センター 専務理事 中野 壮陛 氏
パネリスト
プログラムスーパーバイザー 大分大学学長 北野 正剛
厚生労働省医政局総務課医療国際展開推進室 室長 鈴木 貴士 氏
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 産学連携部 竹上 嗣郎
事業採択課題発表者
16時55分~
17時00分
閉会挨拶
プログラムスーパーバイザー 大分大学学長 北野 正剛

*プログラムは変更になることがあります。

参加申し込み

※参加申し込み締め切り:2月19日(水)17:00

成果報告会にご参加いただくには、事前の参加登録が必要です。 参加申し込みは下記のページよりお願いします。
(申し込みフォームは外部サービスを使用しています)

お問い合わせ先

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
産学連携部医療機器研究課
開発途上国・新興国等における医療技術等実用化研究事業担当
shinko-kiki“AT”amed.go.jp

※”AT”は@に置き換えてください。
※件名には、【成果報告会問い合わせ】・所属氏名をご記載ください。