イベント 開催日:令和2年3月13日 「令和2年度 肝炎等克服実用化研究事業 公開報告会 身近に感じる肝炎研究 ―肝炎研究の最前線—」を開催しました

開催報告

講演の様子
講演の様子

令和3年3月13日(土)、肝炎等克服実用化研究事業では「令和2年度 肝炎等克服実用化研究事業 公開報告会 身近に感じる肝炎研究 ―肝炎研究の最前線—」を開催しました。新型コロナウイルス感染症拡大防止が図られる現状に鑑み、オンラインライブ配信方式にて開催いたしました。
肝炎等克服実用化研究事業では、肝炎治療成績の大幅な改善につながるような成果の獲得および普及を目指し、基礎から実用化までの一貫した研究開発を推進しています。本公開報告会は、この事業で平成31年度~令和2年度にかけて創出された主な研究成果について広く社会の皆様に紹介することを目的に開催し、本事業で支援する6名の研究者に最新の知見やトピックスについて、ご講演いただきました。当日は一般の方、患者とそのご家族、関連分野の研究者、医療関係者の方々を含む242名の方にご視聴いただきました。本公開報告会は毎年、参加者に会場へお集まり頂き開催しておりましたが、今回、初めてのオンライン開催といたしました。ご自宅、職場より落ち着いた環境でご参加いただき肝炎研究の進展を身近に感じた方もおられたのではないかと思います。参加者、講演者のご協力をいただき、肝炎をはじめとする肝疾患について、今後の肝炎研究の展望等も含め広く皆様に知っていただき、肝炎研究について理解を深めていただく大変有意義な機会となりました。

今回の講演の様子を撮影した動画をYouTube(AMEDチャンネル、公式)で令和3年12月28日まで公開しています。

  • B型肝炎に関する講演内容一部
  • 肝硬変に関する講演内容一部

関連情報

※リーフレットをクリックすると開催案内をダウンロードすることができます。

お問い合わせ先

宛先 疾患基礎研究事業部 疾患基礎研究課 肝炎等克服実用化研究事業
E-Mail hepatitis“AT”amed.go.jp
備考
※お問い合わせはE-mailでお願い致します。
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

掲載日 令和3年5月26日

最終更新日 令和3年5月26日