その他お知らせ 「医療研究開発推進に関する医療経済的な視点も踏まえた今後の在り方検討委員会」 の設置について

1.設置の考え方

(1)AMEDでは、医療分野の基礎から臨床までの研究開発を一貫して推進し、その成果を円滑に実用化につなげていくことを目指しています。
 他方、昨今の画期的な新薬の保険収載を巡っては、イノベーションの評価と国民皆保険の維持を両立する観点からの様々な取組み、議論がなされています。
 このような状況に鑑み、AMEDとして、我が国の医療イノベーションの推進を担っていく立場から、医療保険を巡る昨今の状況を踏まえ、AMEDが支援する医薬品、医療機器等及び医療技術に関する医療研究開発とその普及の在り方や研究開発費の確保等について、検討を行うための委員会を設置します。

(2)この検討委員会は、AMED経営執行会議の付託に基づく内部委員会として設置し、関係部課の職員で構成する事務局を置くこととします。

2.委員会メンバー及び事務局

  氏名 所属・役職
委員長 大谷 泰夫 AMED 理事
  永井 良三 自治医科大学 学長
  今村 聡 日本医師会 副会長
  福井 次矢 聖路加国際病院 院長
  笠貫 宏 早稲田大学 特命教授
  加茂谷 佳明

塩野義製薬株式会社 常務執行役員

(日本製薬工業協会 産業政策委員会幹事)

  村越 正英 テルモ株式会社 富士宮工場 工場長代理
  島崎 謙治 政策研究大学院大学 教授
  福田 敬 国立保健医療科学院 医療・福祉サービス研究部 部長
  榑林 陽一 AMED 執行役
  泉 陽子 AMED 研究総括役
  石井 健 AMED 戦略推進部長
事務局長 吉田 易範 AMED 臨床研究・治験基盤事業部長
事務局次長 大場 寛之 AMED 経営企画部次長

※ 追加メンバーも見込んでおります。
また、オブザーバーも含め、上記以外の関係者の出席を要請することもあります。

3.検討事項(案)

我が国の医療保険環境下で、医療イノベーションの推進を図っていく上で、
  • AMEDにおける医薬品、医療機器等及び医療技術に関する医療研究課題設定とこれに要する研究開発費用の在り方、
  • 上記に関連し、医療イノベーションの実用化及び普及に係る財政的バックグラウンドの考え方

 等について検討する予定です。

掲載日 平成28年5月26日

最終更新日 平成28年7月1日