成果情報 水島大輔 国立国際医療研究センターエイズ治療・研究開発センター医師が日本エイズ学会ECC山口メモリアルエイズ研究奨励賞を受賞

令和2年1月17日成果情報

国立国際医療研究センターエイズ治療・研究開発センター医師 水島大輔博士が「日本エイズ学会ECC山口メモリアルエイズ研究奨励賞」を受賞されました。心からお祝いを申し上げます。

受賞課題は「TDF腎障害の解析とそれによるHIV感染予防体制の確立」で、令和元年11月27日から29日に開催された第33回日本エイズ学会学術集会・学会において、この賞を受賞されました。

水島大輔博士は、AMED「感染症研究国際展開戦略プログラム」(J-GRID)の研究開発課題「ベトナムにおける感染症制御研究・開発プロジェクト」(研究代表者:長崎大学 森田公一)の研究参加者として研究を行っています。

最終更新日 令和2年1月17日