公募情報 海外 令和2年度 「再生医療実用化研究事業(一次公募)」の採択課題について

  • 令和2年3月10日

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験
分野 再生医療
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 戦略推進部 再生医療研究課 再生医療実用化研究事業 担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル22階
TEL: 03-6870-2220
E-mail: saisei3“AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせはE-mailにてお願いいたします。

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、令和2年度再生医療実用化研究事業(一次公募)の採択課題について、課題評価委員会において厳正な審査を行い、以下のとおり決定しましたのでお知らせいたします。

再生医療等安全性確保法に従って実施する臨床研究
研究開発課題名 研究開発代表者
所属 役職 氏名
革新的ハイブリッド細胞療法による癌の個別化先進医療の研究開発 大阪大学 大学院医学系研究科 教授 木村 正
変形性膝関節症に対する同種細胞シート移植の臨床研究 東海大学 医学部 教授 佐藤 正人
変形性膝関節症の構造改善のための滑膜幹細胞関節内注射:二重盲検比較試験に向けて 東京医科歯科大学 統合研究機構 教授 関矢 一郎
尿素サイクル異常症に対するヒト肝臓オルガノイド移植治療法の開発 東京大学 医科学研究所 教授 谷口 英樹
C型肝炎ウイルスに起因する肝硬変患者に対するG-CSF動員自家末梢血CD34陽性細胞の経肝動脈投与に関する臨床研究 久留米大学 医学部 教授 鳥村 拓司
自己脂肪組織由来幹細胞移植による歯周組織再生療法に関する有効性検証試験 大阪大学 大学院歯学研究科 教授 村上 伸也
全身性強皮症に伴う皮膚潰瘍に対する自家骨髄単核球移植を用いた血管再生療法に関する研究開発 横浜市立大学 医学部 講師 吉見 竜介
企業等の協力を得ながらプロトコールを組む医師主導治験
研究開発課題名 研究開発代表者
所属 役職 氏名
表在性非乳頭部十二指腸腫瘍に対する内視鏡治療と腹腔鏡手術と再生医療を組み合わせた革新的な術式の開発 長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 教授 金高 賢悟
自家末梢血CD34陽性細胞移植による骨・血管再生療法に関する医師主導治験 神戸大学 大学院医学研究科 教授 黒田 良祐
虚血性心筋症に対するヒト(同種)iPS細胞由来心筋細胞シートの臨床試験 大阪大学 大学院医学系研究科 教授 澤 芳樹
重症低ホスファターゼ症小児患者を対象とした高純度間葉系幹細胞(REC-01)移植の安全性及び有効性を検討する臨床第Ⅰ/Ⅱa相医師主導治験(FIH試験) 島根大学 医学部 教授 竹谷 健
同種臍帯由来間葉系細胞を用いた重症急性移植片対宿主病に対する医師主導治験を目指した研究 東京大学 医科学研究所 准教授 長村 登紀子

評価経過情報

公募期間 令和元年11月1日~12月2日
ヒアリング実施日
多能性幹細胞(iPS/ES 細胞)、体性幹細胞等を用いて、再生医療等安全性確保法に従って実施する臨床研究
令和2年2月13日
多能性幹細胞(iPS/ES 細胞)、体性幹細胞等を用いて、企業の協力を得ながらプロトコールを組む医師主導治験
令和2年2月6日
申請数 32課題
書面評価通過数 19課題
採択数 12課題

最終更新日 令和2年3月10日