公募情報 海外 平成31年(令和元年)度 「脳科学研究戦略推進プログラム」に係る公募について

  • 令和元年5月17日

更新履歴

令和元年5月30日 「質問回答集(Q&A)」を更新しました。

基本情報

公募の段階 公募
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験,市販後,観察研究等,該当なし
分野 精神・神経疾患に対応した研究
公募締め切り 令和元年6月12日(水)
お問い合わせ先
戦略推進部 脳と心の研究課 脳科学研究戦略推進プログラム 公募担当(近藤・山﨑)
E-mail: brain-pro "AT" amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ず e-mail でお願いいたします。

公募内容

今回公募する研究開発課題の概要は以下のとおりです。詳細については公募要領を参照してください。

# 公募研究開発課題名 研究開発費規模
(間接経費を含まず)
研究開発実施
予定期間
新規採択課題
予定数
1 認知症の予防・診断・治療法等の開発につながるシーズ探索研究 1課題あたり
年間10,000千円程度
最長2年
令和元年度~2年度
0~4課題程度

事業概要

社会に貢献する脳科学の実現を目指し、臨床への応用を見据えた脳科学研究を戦略的に推進するため、平成20年度に「脳科学研究戦略推進プログラム(以下「脳プロ」という)が設定されました。その中で、平成28年度から研究開発期間5年のプロジェクトとして、基礎研究と臨床研究のシームレスな研究開発体制下での疾患克服を目的とした「臨床と基礎研究の連携強化による精神・神経疾患の克服(以下「融合脳」という)」が開始されました。

融合脳では、これまでの脳プロにおける脳科学研究の成果を基盤として、「発症メカニズムの探求」、「新しい診断技術の開発と早期発見」、「病態を反映したモデル動物の開発と創薬への応用」、「新しい疾患概念と革新的治療技術」等を目指すと共に、基礎研究と臨床研究との連携による効率的な研究体制を通じて、認知症、うつ病・双極性障害、発達障害・統合失調症といった主要な精神・神経疾患の克服に向けた研究を推進しています。

応募資格者

公募要領で定める条件を満たす研究者
(公募要領「Ⅱ.応募に関する諸条件等 1.応募資格者」等を参照)

公募期間

令和元年5月17日(金) ~ 令和元年6月12日(水)

ヒアリング日程

令和元年7月19日(金)
※ただし開催は必要に応じて行います。

公募説明会

公募説明会は行いません。

応募方法

公募要領の記載に従って応募してください(公募要領「Ⅲ.公募・選考の実施方法」等を参照)

応募先

質問回答集(Q&A)

本公募に関する質問回答集(Q&A)を以下の「資料」欄にアップロードしています。公募要領とあわせてご一読をお願いします。
また、回答集(Q&A)は適宜更新予定ですので、本ウェブページを随時ご確認ください。

資料

公募要領

資料

最終更新日 令和元年5月30日