公募情報 若手 海外 平成31年度 「エイズ対策実用化研究事業」の採択課題について

  • 平成31年2月27日

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験,観察研究等,該当なし
分野 健康・医療戦略の推進に必要となる研究開発
お問い合わせ先
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 戦略推進部 感染症研究課 エイズ対策実用化研究事業 担当(伊藤、守屋)
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル22階
TEL: 03-6870-2225(課代表)
E-mail: aids”at”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス”at”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、本事業の課題評価委員会(別紙)における厳正な審査を行った結果、平成31年度「エイズ対策実用化研究事業」の採択課題を決定しましたのでお知らせ致します。

公募領域A01:遺伝子編集等の最新技術を使ったHIV潜伏感染克服のための研究
研究代表者名 所属機関 役職 研究開発課題名
佐藤 賢文 国立大学法人熊本大学 教授 高精細核酸解析技術と先駆的ウイルス動態解析技術との融合による HIV潜伏感染克服へ向けた新規治療標的創出研究
公募領域A02:【若手育成枠】遺伝子編集等の最新技術を使ったHIV潜伏感染克服のための研究
研究代表者名 所属機関 役職 研究開発課題名
野村 拓志 国立感染症研究所 主任研究官 SIV複製制御サルモデルにおける潜伏細胞排除を目指した研究
公募領域A03:HIV感染症克服に向けた新しい免疫療法に関する研究
研究代表者名 所属機関 役職 研究開発課題名
松下 修三 国立大学法人熊本大学 教授 中和抗体によるHIV感染症の治癒を目指した研究開発
公募領域A04:【若手育成枠】HIV構造タンパクを治療標的にしたウイルス制御・感染制御に関する研究
研究代表者名 所属機関 役職 研究開発課題名
門出 和精 国立大学法人熊本大学 助教 HIV-1 Gagタンパク質を標的とした薬剤スクリーニングシステム構築
小谷 治 国立感染症研究所 研究員 HIV複製と創薬研究を推進する革新的な構造生物学研究基盤の創成
公募領域A05:HIV流行株の動向調査とデータ共有化のための研究
研究代表者名 所属機関 役職 研究開発課題名
菊地 正 国立感染症研究所 主任研究官 国内流行HIV及びその薬剤耐性株の長期的動向把握に関する研究 
公募領域A06:HIVゲノム・宿主ゲノム等のデータベース構築・公開に向けた体制整備のための研究
研究代表者名 所属機関 役職 研究開発課題名
椎野 禎一郎 国立感染症研究所 主任研究官 HIVゲノム・宿主ゲノム等のデータベース構築・公開に向けた体制整備のための研究
公募領域A07:HIV感染症における合併症治療法・患者QOL改善のための研究
研究代表者名 所属機関 役職 研究開発課題名
木村 公則 東京都立駒込病院 部長 血友病合併HIV/HCV重複感染に起因する肝硬変に対する抗線維化治療薬の開発
公募領域A08:【若手育成枠】HIV感染症領域における新たな知見の創出に関する研究
研究代表者名 所属機関 役職 研究開発課題名
石井 洋 国立感染症研究所 研究員 HIV感染増強に結びつくワクチン誘導免疫に関する研究
近田 貴敬 国立大学法人熊本大学 特任助教 LC-MS/MSを用いたHIV根治療法に関わるT細胞の同定

最終更新日 平成31年2月27日