公募情報 平成30年度 「ナショナルバイオリソースプロジェクト」(ゲノム情報等整備プログラム・基盤技術整備プログラム)の採択課題について

  • 平成30年5月29日

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、平成30年度「ナショナルバイオリソースプロジェクト」(ゲノム情報等整備プログラム・基盤技術整備プログラム)に係る公募ついて、課題評価委員会において厳正な審査を行った結果、下記のとおり採択課題を決定いたしました。

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 該当なし
分野 健康・医療戦略の推進に必要となる研究開発
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 基盤研究事業部バイオバンク課 ナショナルバイオリソースプロジェクト担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目7番1号 読売新聞ビル21階
E-mail: national-bioresource“AT”amed.go.jp
備考:
E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。電話でのお問い合わせは受付できません。

採択内容

ゲノム情報等整備プログラム
課題名(リソース名) 代表機関名 課題管理者
ネッタイツメガエル近交系のゲノム多型情報の整備(ネッタイツメガエル) 広島大学 荻野 肇
有用ゼブラフィッシュ系統のゲノム情報整備による高品質化(ゼブラフィッシュ) 国立遺伝学研究所 川上 浩一
ロングリードを用いたキク属モデル系統のゲノム解析(広義キク属) 広島大学 草場 信
ショウジョウバエ・ゲノム編集系統の配列情報整備(ショウジョウバエ) 国立遺伝学研究所 齋藤 都暁
薬理・生理・病理学研究に適した大型カイコ実験系統のゲノムリシークエンシング(カイコ) 東京大学 嶋田 透
基盤技術整備プログラム
課題名(リソース名) 代表機関名 課題管理者
マウスの監視微生物ゲノム情報整備(実験動物マウス) 理化学研究所 池 郁生
ニホンザルバイオリソースにおけるBウイルス検査法の開発(ニホンザル) 京都大学 中村 克樹
鳥類生殖細胞の凍結保存技術の高度化(ニワトリ・ウズラ) 広島大学 中村 隼明
カイコ及び近縁野蚕の凍結保存技術の高度化(カイコ) 九州大学 伴野 豊
ニワトリPGC の凍結保存に関する技術開発(ニワトリ・ウズラ) 名古屋大学 松田 洋一

 

最終更新日 平成30年5月29日