公募情報 令和2年度 「ゲノム創薬基盤推進研究事業」の採択課題(2次公募)について

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験
分野 ゲノム・データ基盤プロジェクト,がん,生活習慣病,精神・神経疾患,老年医学・認知症,難病,成育,感染症,その他
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 ゲノム・データ基盤事業部 ゲノム医療基盤研究開発課(旧基盤研究事業部 バイオバンク課)
ゲノム創薬基盤推進研究事業
担当:笹又、勝井、高橋、髙井
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目7番1号 読売新聞ビル 22階
E-mail: genomic-medicine”AT”amed.go.jp
備考:
※お問い合わせは必ずE-mailでお願い致します。(E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください)

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、令和2年度ゲノム創薬基盤推進研究事業2次公募の採択課題について、課題評価委員会において厳正な審査を行った結果、下記の通り決定いたしましたのでお知らせいたします。

A.ゲノム創薬研究の推進に係る課題解決に関する研究

A-4分野
バイオバンク利活用推進のための調査研究
研究開発課題名 所属機関名 研究開発代表者 役職
バイオバンク利活用推進のための調査研究 岡山大学 森田 瑞樹 教授

評価経過情報

公募期間 令和2年3月31日(火)~令和2年4月20日(月)
書面審査 令和2年4月20日(月)~令和2年5月18日(月)
ヒアリング審査(代替法)※1 令和2年5月25日(月)~令和2年6月8日(月)
評価委員会※2 令和2年6月11日(木)

※1 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大している状況をうけ、対面でのヒアリング審査の代替法として、発表用資料の査読および質疑応答による審査を行った。
※2 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡大している状況をうけ、Web会議により審査を行った。

  申請数 書面審査
通過数
採択数
A-4分野:バイオバンク利活用推進のための調査研究 4 3 1

課題評価委員

外部有識者から構成される課題評価委員会において、研究開発課題の事前評価を実施しました。

掲載日 令和2年7月13日

最終更新日 令和2年7月13日