公募情報 令和2年度 「革新的先端研究開発支援事業 ステップタイプ(FORCE)」に係る公募について

  • 令和元年11月13日

基本情報

公募の段階 公募
開発フェーズ 基礎的,応用
分野 健康・医療戦略の推進に必要となる研究開発
公募締め切り 令和元年12月18日(水) 正午(日本時間)(時間厳守、期限後の申請は受け付けません)
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 基盤研究事業部 研究企画課 (担当:瀬古、水口、黒木)
TEL: 03-6870-2224
FAX: 03-6870-2246
E-mail: kenkyuk-FORCE”AT”amed.go.jp
備考:
受付時間:10時00分~12時00分、13時00分~17時00分(土曜、日曜、祝祭日を除く)
※E-mailはアドレスの“AT”部分を@に変えてください
※お問い合わせはなるべく電子メールでお願いします

公募内容

FORCE(革新的先端研究開発支援事業ステップタイプ)について

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、FORCEにおいて、革新的先端研究開発支援事業で実施されたAMED-CRESTおよびPRIMEの研究開発のうち、研究開発目標等の達成に貢献し、かつ科学的あるいは国際的に優れた研究成果が得られたものについて、次の段階へ切れ目なくつなぎ、その成果を最大化して成果展開を促進するため、(1)ヒト疾患との相関性を示すデータを取得し、疾患標的としての可能性を見出すこと、または(2)医療につながる分析手法や測定機器について、多様な条件下での実施結果に基づいた汎用性を検証することを目的とし、短期的かつ集中的な支援を行います。

目的1:ヒト疾患との相関性を示すデータの取得および疾患標的としての可能性の探索(ヒト疾患との相関性の検証)

目的2:医療につながる分析手法や測定機器の多様な条件下での実施結果に基づいた汎用性の検証(分析技術の汎用性の検証)

  • PS:協和ファーマケミカル株式会社・代表取締役社長 大島 悦男
  • PO:東京大学大学院医学系研究科・特任教授 小田 吉哉
    国立がん研究センターゲノム生物学研究分野・分野長 河野 隆志
    東北大学加齢医学研究所・教授 本橋 ほづみ

評価委員:後日掲載予定

  分野等、公募研究開発課題名 研究開発費の規模
(間接経費を含まず)
研究開発
予定期間
採択
予定数
1 ヒト疾患との相関性の
検証
AMED-CREST
終了課題またはPRIME
終了課題
 
1課題あたり
総額20,000千円以下
(研究期間が1年度の場合)
総額40,000千円以下
(研究期間が2年度の場合)
 
最長2年
令和2年度~令和3年度
0~9課題程度
 
2 分析技術の汎用性の
検証

※公募研究開発課題の詳細および研究開発費は、「公募要領」の「XI. 公募研究開発課題」をご参照ください。

事業概要

本事業では、革新的な医薬品や医療機器、医療技術等を創出することを目的に、国が定めた研究開発目標の下、大学等の研究者から提案を募り、組織の枠を超えた時限的な研究開発体制を構築して研究を推進します。画期的シーズの創出・育成に向けた先端的研究開発を推進するとともに、有望な成果について研究の加速・深化を行います。
FORCEでは、AMED-CRESTやPRIMEの終了課題のうち、ヒト疾患サンプル等を用いた疾患関連性の検証や、開発した分析法や測定機器の汎用性の検証を行うことを目的として、追加支援により大きな成果展開が期待できる研究を推進します。

事業の案内ページ

応募資格者

本事業は研究開発代表者となる者本人を対象として公募します。

  • AMEDで行われたAMED-CRESTまたはPRIMEの研究開発課題のうち、令和元年度が終了年度となる課題もしくは終了時から5年以内の課題の研究開発代表者であること。
  • ヒト検体使用のための倫理審査が公募申請時に承認されていること、もしくは倫理申請を行っていること。
  • 応募者自らが、日本国内の研究機関(大学等および企業等)に所属し、原則として当該研究機関において研究開発を実施する体制を取ること(応募者の国籍は不問)。
  • 全研究開発期間を通じ、自身の研究開発課題について責任をもって遂行できる研究者であること。
  • 応募者は、自らが研究開発構想の発案者であるとともに、その構想を実現するために自立して研究を推進する研究者であること。

※詳細は、「公募要領.pdf」の「II.応募に関する諸条件等」をご参照ください。

※平成29年度より、分担機関との委託研究開発契約は代表機関からの再委託となっております。代表機関には分担機関との再委託手続きを適切に行っていただきます。詳細は「公募要領.pdf」の「V.委託研究開発契約の締結等」をご参照ください。

公募期間

令和元年11月13日(水) ~ 令和元年12月18日(水) 正午(日本時間)(時間厳守、期限後の申請は受け付けません)

ヒアリング日程

ヒアリングは、令和2年2月27日(木)、28日(金)にAMED内の会議室で行います。

※ヒアリング対象者には、事務局より別途メールにてご連絡いたします。

公募説明会

公募説明会は行いません。

応募方法

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)によってご応募ください。応募に関する詳細は、下記の提案書様式、資料をダウンロードしていただき、ご参照ください。

※e-Radからの申請に際して所属機関の承認が必要です。研究開発代表者から所属機関にe-Radで申請した段階では応募は完了していませんので、所属機関の承認の手続きを必ず行ってください。分担研究者を置く場合は、分担研究者も所属機関の承認の手続きを行ってください。

※応募には「公募要領」の「III. 公募・選考の実施方法」及び「IV.2.(3)提案書類作成上の注意」をご参照ください。

提出書類
応募には以下の書類を提出してください。

  • 研究開発提案書要約
  • Summary of Proposal(英語で記載ください)
  • 研究開発提案書

応募先

資料

関連リンク

最終更新日 令和元年11月13日