革新的先端研究開発課 革新的先端研究開発支援事業

基本情報

分野 シーズ開発・研究基盤プロジェクト
開発フェーズ 基礎的
お問い合わせ先
シーズ開発・研究基盤事業部 革新的先端研究開発課
TEL: 03-6870-2224
E-mail: kenkyuk-ask"AT"amed.go.jp
備考:

※E-mailは上記アドレス"AT"の部分を@に変えてください。

概要

革新的な医薬品や医療機器、医療技術等を創出することを目的に、組織の枠を超えた時限的な研究体制を構築し、画期的シーズの創出・育成に向けた先端的研究開発を推進するとともに、有望な成果について研究を加速・深化します。

事業概要

革新的先端研究開発支援事業は、ユニットタイプ(AMED-CREST)、ソロタイプ(PRIME)、ステップタイプ(FORCE)、インキュベートタイプ(LEAP)の4つの研究タイプから構成されます。

  • AMED-CRESTは、画期的シーズの創出に向けて国際的に高い水準の成果を目指すもので、研究開発代表者を筆頭とするユニット(研究者集団)で研究を推進します。
  • PRIMEは、画期的シーズの源泉となる成果の創出を目指すもので、研究開発代表者が個人で研究を推進します。
  • AMED-CRESTとPRIMEでは、研究開発総括・研究開発副総括によるマネジメントや研究開発領域内の連携によって、組織の枠を超えた研究開発体制を構築し、研究の可能性を最大に引き出すことを目指します。
  • FORCEは、AMED-CRESTやPRIMEの終了課題のうち、ヒト疾患サンプル等を用いた疾患関連性の検証や、開発した分析法や測定機器の汎用性の検証を行うことを目的として、追加支援により大きな成果展開が期待できる研究を推進します。
  • LEAPは、有望ではあるもののすぐには企業などではリスクの判断が困難な成果について、プログラムマネージャーによる研究開発マネジメントにより速やかな実用化を目指します。
領域概要、および評価運営体制につきましては、各領域のページをご覧ください。
もっと見る

評価・運営体制

  • AMED-CREST、PRIMEにおいて、「研究開発領域」の責任者である「研究開発総括(プログラムスーパーバイザー/PS)」は「研究開発副総括(プログラムオフィサー/PO)」と共に、研究開発課題の選定、研究開発計画の調整と承認、並びに課題のマネジメントを行います。また「課題評価委員会」においては、各研究開発課題の事前・中間・事後評価、研究開発計画の変更等も実施します。なお、課題評価委員会は研究開発総括、研究開発副総括、アドバイザーで構成されます。
  • FORCEでは、プログラムスーパーバイザー(PS)及びプログラムオフィサー(PO)を配置して運営に当たっています。
  • LEAPでは、プログラムスーパーバイザー(PS)及びプログラムオフィサー(PO)を配置して運営に当たっています。

    研究開発領域

    領域概要、および評価運営体制につきましては、各領域のページをご覧ください。

    AMED-CREST、PRIME

FORCE

LEAP

AMED-JST連携領域

マルチセンシング

本連携領域「マルチセンシング」は、JSTとAMEDの法人の枠を超えた1つのネットワーク型研究所として、4プログラム(CREST、さきがけ、AMED-CREST、PRIME)の特色を活かしつつ、互いに連携して一体感を持って研究に取り組んでいます。

研究成果報告書

研究成果報告書につきましては、下記リンクをご覧ください。平成29年度以降の課題は、AMEDfindをご覧ください。

AMED-CREST、PRIME

LEAP

パンフレット

ヒト由来の試料・情報の利活用に関する手引書

基礎研究者が、ヒト由来の試料・情報を用いた研究を開始する際に参考となる情報をまとめた手引書を公開しています。 また、国内のバイオバンクに保管されている試料・情報の利用については、バイオバンク利活用ハンドブックもご参照ください。

最終更新日 令和4年7月4日