拠点研究事業課 橋渡し研究プログラム

基本情報

分野 シーズ開発・研究基盤プロジェクト
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験
お問い合わせ先
シーズ開発・研究基盤事業部 拠点研究事業課 「橋渡し研究プログラム」
TEL: 03-6870-2229
FAX: 03-6870-2246
E-mail: rinsho-kakushin"at"amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス"at"の部分を@に変えてください。
※件名に【橋渡し】と記載してください。

概要

令和2年3月27日に閣議決定された「健康・医療戦略」における統合プロジェクトのひとつである「シーズ開発・研究基盤プロジェクト」では、橋渡し研究支援拠点や臨床研究中核病院において、シーズの発掘・移転や質の高い臨床研究・治験の実施のための体制や仕組みを整備するとともに、リバース・トランスレーショナル・リサーチ(rTR)、実証研究基盤の構築を推進し、基礎研究から臨床研究まで一貫した循環型の研究支援体制を整備することとされています。また、令和2年度に行われた文部科学省第10期ライフサイエンス委員会橋渡し研究戦略作業部会においても、橋渡し研究支援拠点を活用した継続的なシーズ開発や産学連携の推進、国民の健康・医療に影響を及ぼす緊急事態に対応するための速やかな研究開発の推進について必要性が指摘され、これまでの取組をさらに強化・発展していくことが求められています。

本プログラムでは、アカデミアの優れた基礎研究の成果を革新的な医薬品・医療機器等として国民に提供することを大きな目標としつつ、短期的には、支援シーズのステージアップや企業等への導出、より開発後期のAMED他事業に橋渡しすることを目指します。さらに、橋渡し研究支援拠点及び臨床研究中核病院を活用することで、全国の研究者、機関がより効率的・効果的に成功体験を積み、医療分野における研究開発のノウハウが全国裾野まで波及することが期待されます。

事業の概要図 詳細は上部本文に記載

もっと見る

評価・運営体制

プログラムスーパーバイザー(PS)

金倉 譲
一般財団法人住友病院 院長

プログラムオフィサー(PO)

稲垣 治
前 日本製薬工業協会医薬品評価委員会 運営委員会幹事
田代 聡
広島大学原爆放射線医科学研究所 所長・教授

最終更新日 令和3年12月17日