拠点研究事業課 橋渡し研究戦略的推進プログラム

基本情報

分野 シーズ開発・研究基盤プロジェクト,がん,生活習慣病,精神・神経疾患,老年医学・認知症,成育,感染症,その他
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験
お問い合わせ先
シーズ開発・研究基盤事業部 拠点研究事業課 「橋渡し研究戦略的推進プログラム」
TEL: 03-6870-2229
FAX: 03-6870-2246
E-mail: rinsho-kakushin"at"amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス"at"の部分を@に変えてください。
※件名に【橋渡し】と記載してください。

概要

AMEDが採択した全国10か所の橋渡し研究支援拠点の基盤を活用し、また臨床研究中核病院と連携することにより、産学連携、拠点内外の機関の研究課題を積極的に支援することによりシーズ育成能力を強化し、日本全体としてアカデミア等による革新的な基礎研究の成果を一貫して実用化に繋ぐ体制を構築します。橋渡し研究支援拠点では、自機関だけでなく他機関のシーズ発掘と育成も行っており、様々な開発段階にあるシーズを開発段階に応じてシーズA、B又はCに振り分け、拠点の機能を最大限に活かす研究支援を実施しています。また、これまでに構築してきた拠点間のネットワークを活かし、拠点間で連携して人材を育成する取組や、各拠点の好事例や課題を共有し、意見交換を行う取組等を実施しています。令和元年度には、異分野融合型研究開発推進支援事業として、医歯薬系分野以外との異分野融合による先端的技術の医療応用・実用化を目指したシーズの早期支援を開始しています。

橋渡し支援拠点及びシーズについて

本プログラムでは、医療法上の臨床研究中核病院等と連携して日本全体で橋渡し研究を推進する体制を強化・発展させ、日本発の革新的な医薬品・医療機器等をより多く持続的に創出することにより、世界一の健康長寿社会の実現に貢献することを目指し、橋渡し研究支援拠点として10機関の事業実施機関※1を採択しました。
橋渡し研究支援拠点においては、自機関だけでなく他機関のシーズ発掘と支援を行っており、様々な開発段階にあるシーズを開発段階に応じてシーズA、B及びCに振り分け、拠点の機能を最大限に活かす研究支援を実施しています。

※1事業実施機関:
北海道大学(分担機関:札幌医科大学、旭川医科大学)、東北大学、筑波大学、東京大学、慶應義塾大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、岡山大学、九州大学

橋渡し研究戦略的推進プログラム概要図(詳細は本文中に記載)

最終更新日 令和3年2月25日