疾患基礎研究課 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業

基本情報

分野 医療機器・ヘルスケアプロジェクト,ゲノム・データ基盤プロジェクト,疾患基礎研究プロジェクト
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験,市販後,観察研究等,該当なし
お問い合わせ先
疾患基礎研究事業部 疾患基礎研究課
TEL: 03-6870-2286
E-mail: nambyo-c"AT"amed.go.jp
備考:
本事業は、疾患基礎研究事業部、ゲノム・データ基盤事業部、医療機器・ヘルスケア事業部の3事業部が担当しておりますが、お問い合わせは疾患基礎研究事業部までお願い致します。
※お問い合わせは基本的にE-mailでお願い致します。
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

概要

我が国において、循環器疾患・糖尿病などの生活習慣病は、医療費の約2割、死因の約3割を占めており、生活習慣病の発症予防や重症化予防について、早急な対応が求められています。

本研究事業では、生活習慣の管理(栄養・食生活、身体活動・運動、休養・睡眠、飲酒、喫煙及び歯・口腔の健康等)、健康診断・保健指導、さらには、生活習慣病の病態解明や治療法の確立、生活習慣病患者の生活の質の維持・向上などの幅広いテーマを対象に、基礎から実用化までの一貫した研究開発を推進し、健康寿命の延伸や医療・医療費の最適化を目指します。

概要図

公募情報

もっと見る

ニュース

AMEDが支援する課題の研究成果として各研究機関が発表した資料は、2024(令和6)年 成果情報一覧をご覧ください。

もっと見る

実施機関

AMED研究開発課題データベース「AMEDfind」で検索・閲覧いただけます。

AMEDfindは、AMEDが推進している研究開発課題について、課題名、研究者名、成果報告等の情報を検索可能なデータベースとして研究者をはじめとする一般に提供するシステムです(ご利用前に、著作権や禁止行為等について記載された利用規約をご一読ください)。

【検索方法】
「プロジェクト名・事業名・タグの選択」の枠内の「プロジェクト・事業を参照」の右の欄に 「循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業」と記載し「検索」ボタンを押すと、該当事業のデータが表示されます。
例えば、表示画面の左の絞り込みの欄の「研究期間」を 「2017」~「2017」にして右にあるマークをクリックすると 平成29年度の事業実施機関に絞り込むことができます。

研究成果報告書

研究成果報告書につきましては、下記リンクをご覧ください。

評価・運営体制

本研究事業では、プログラムスーパーバイザー(PS)及びプログラムオフィサー(PO)を配置して運営に当たっています。また、研究開発課題の評価は、外部有識者により構成される課題評価委員会で実施しています。

体制に関する詳細についてはAMEDにおける評価・運営体制をご覧ください。

プログラムスーパーバイザー(PS)

春日 雅人(朝日生命成人病研究所 所長)

プログラムオフィサー(PO)

泉  和生(国立国際医療研究センター 部長)
井上 優子(国立循環器病研究センター 医長)
葛西 隆敏(順天堂大学 准教授)
香坂 俊 (慶應義塾大学 専任講師)
斎藤 能彦(奈良県西和医療センター 総長)
田中 亮太(自治医科大学 教授)
津村 和大(川崎市立川崎病院 部長)
堀  愛 (筑波大学 准教授)
吉栖 正生(安田女子大学 教授)

(五十音順、2023年4月現在)

課題評価委員会

AMEDにおける評価・運営体制に一覧を掲載しているほか、以下のリンク先でもご覧いただけます。

評価結果

事務処理説明書

パンフレット

事業の詳細は、以下資料内の該当ページをご覧ください。

※PDFファイルを開くと表示される目次ページ、または左側に表示される目次(しおり)一覧の該当事業名をクリックしていただくと説明ページに移動します。左側にしおりが表示されない場合は、ご利用になっているソフトウェアのヘルプなどをご覧ください。

調査報告書

令和4年度「生活習慣病の予防・治療における栄養・食生活及び身体活動・運動に係る国内外の研究動向調査事業」

最終更新日 令和6年4月30日