基金事業課 革新的医療技術研究開発推進事業(産学官共同型)

基本情報

分野 ムーンショット等
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,治験,該当なし
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構
研究開発統括推進室 基金事業課(革新的医療技術研究開発推進事業事務局)
E-mail: kikin-sangakukan"AT"amed.go.jp
備考:
※E-mailアドレスは"AT"の部分を@に置き換えてください。
※お問い合わせ受付は、メールのみとさせていただきます。

概要

産学連携による研究開発の推進は、近年における研究成果の社会実装に対する期待の高まりを受け、ますます重要になっています。
AMEDでは、産学連携による研究開発を支援する取り組みの一つとして「革新的医療技術研究開発推進事業(産学官共同型)」(英語名:Alliance program for Innovative Medical/healthcare research by Government-Academia-INdustry Collaboration 略称AIMGAIN)を実施しております。本事業は、複数の企業と複数のアカデミア(大学等)が連携し、基金(国費)と民間資金からなる複数年度(最大5年間)のマッチングファンドによる研究開発を実施し、その研究成果を企業による医薬品、医療機器開発等につなげることを目的としております。
AIMGAINには、アカデミアに対して基金が提供されるアカデミアタイプ、ならびにアカデミアとスタートアップ企業の両者に対して基金が提供されるスタートアップタイプ、の2つのタイプがあります。スタートアップタイプについては、令和4年度を「スタートアップ創出元年」とする我が国の戦略のもと、「物価高克服・経済再生のための総合経済対策」を受けて、スタートアップ企業を支援するために設置されています。
AIMGAINの取組みを通じて、単独のアカデミア・スタートアップ企業や企業では取り組みにくい領域(患者数が限られる、異業種の連携が必要である等の理由で、基礎研究や創薬技術が十分な成果につながっていない領域等)に対して、複数年にわたって非競争領域での幅広い産学連携を実施し、従来のスキームでは創生できない画期的な医薬品、医療機器等の研究開発を行うことを目指しています。

産学官連携への取組

産学連携の推進を目的として、アカデミアと企業の関係者の「出会いの場」としてのウェブセミナーおよびワークショップを、以下のように開催してきました。

令和4年5月10日 ワークショップ(アカデミアタイプ)  大手町プレイスカンファレンスセンター
令和5年3月29日 ウェブセミナー(スタートアップタイプ) 日本橋グローバルライフサイエンスハブ
令和5年5月23日 ワークショップ(スタートアップタイプ) 日本橋グローバルライフサイエンスハブ
令和5年6月30日 ワークショップ(スタートアップタイプ)   イイノホール&カンファレンスセンター
令和5年11月20日 ワークショップ(アカデミアタイプ/スタートアップタイプ) 室町三井ホール&カンファレンス

過去のワークショップの様子
 

 

詳細は、ワークショップに関するホームページをご覧ください。
革新的医療技術研究開発推進事業(産学官共同型)」第3回ワークショップ開催のご案内

公募状況

これまでに、2回のアカデミアタイプ公募(第1次公募、第2次公募)、ならびに1回のスタートアップタイプ(第3次公募)を実施いたしました。アカデミアタイプで2課題、スタートアップタイプで4課題が採択されています。
詳細は、公募に関するホームページをご覧ください。

公募情報 | 国立研究開発法人日本医療研究開発機構

公募情報

ニュース

事務処理説明書

最終更新日 令和6年2月9日