医薬品研究開発課 次世代がん医療加速化研究事業(P-PROMOTE)

基本情報

分野 医薬品プロジェクト,がん
事業年度 令和4年4月1日~
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,該当なし
お問い合わせ先
次世代がん医療加速化研究事業(創薬事業部 医薬品研究開発課)
TEL: 03-6870-2219
E-mail: jisedaigan”AT”amed.go.jp
備考:

※Emailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

概要

次世代がん医療加速化研究事業(P-PROMOTE*)は、「がん研究10か年戦略」等に基づき、「がんの根治・予防・共生」の観点に立ち、患者・社会と協働するがん研究を推進し、特に、革新性・独自性が高く、国際競争力のある基礎的研究に目を向け、がんの本態解明に迫る「真理の探究」、「基本原理の解明」や「新たな知の発見、創出や蓄積」の深化を図り、治療・診断の標的としての妥当性を検証することで、それらの基礎的研究成果を踏まえた次世代がん治療・診断法の迅速な社会実装に向けた研究開発を加速・展開します。
本事業は、AMEDの第Ⅱ期中長期計画に定められた医薬品プロジェクトのPD・PS・POならびに疾患領域がんDCによる体制の基、シーズ探索や、創薬ツール開発のための研究を行う「探索研究フェーズ」と独創的かつ優位性の高い有望な創薬や診断等のシーズを検証し、実用化に向けて加速させる「応用研究フェーズ」を中心にがん研究を推進します。
具体的には、以下に掲げる研究方針の基、斬新でかつ挑戦的な研究課題を厳選し、質の高いアカデミアシーズを計画的にかつ必要とする創薬技術支援を効率良く充当させることで、事業目標の達成をめざします。

  1. 次世代がん医療創生の加速化に向け、出口を意識した国際的にも質の高い基礎的研究を支援し、臨床現場を大きく変革するような、新たな医薬品等の早期社会実装の実現に繋げる。
  2. がんの本質の更なる追及に努め、患者がんゲノム情報等の臨床データに基づいた研究開発なども取り入れつつ、がんの標的検証や創薬シーズの探索等を推進する。
  3. アンメットメディカルニーズ(希少がん、小児がん、難治性がん等)への専門的支援の強化、有望な基礎研究を応用研究まで連続して支援できる体制の構築等を行い、研究成果となる次世代シーズの企業・AMED他事業への導出をめざす。

* P-PROMOTE:Project for Promotion of Cancer Research and Therapeutic Evolution

次世代がん医療加速化研究事業 体制図

次世代がん医療加速化研究事業(P-PROMOTE)体制図 詳細テキストは、下記「次世代がん医療加速化研究事業 体制図.pdf」に記載

評価・運営体制

PS、PO

プログラムスーパーバイザー(PS)
宮園 浩平(東京大学 卓越教授)
プログラムオフィサー(PO)(50音順)
大島 正伸(金沢大学 がん進展制御研究所・ナノ生命科学研究所(WPI-NanoLSI) 教授)
岡﨑 寛(理化学研究所 科技ハブ産連本部 創薬・医療技術基盤プログラム プログラムディレクター)
佐谷 秀行(藤田医科大学 がん医療研究センター 教授・センター長)
髙橋 雅英(藤田医科大学 研究統括監理部 特命教授・統括学術プログラムディレクター/学園学術アドバイザー/国際再生医療センター長)
谷川 千津(東京大学大学院 新領域創成科学研究科 クリニカルシークエンス分野 准教授)
玉田 耕治(山口大学 大学院医学系研究科 教授)
中釜 斉(国立がん研究センター 理事長・総長)
仁平 新一(オンコロジー学術研究フォーラム 代表理事)
間野 博行(国立がん研究センター 研究所/がんゲノム情報管理センター 理事/研究所所長/がんゲノム情報管理センター長)
矢野 聖二(金沢大学 医薬保健研究域 医学系 呼吸器内科学 教授)

事業実施の提案・助言

DC

疾患領域がんコーディネーター(DC)
堀田知光(国立がん研究センター 名誉総長)

最終更新日 令和4年4月21日