AMED事業・経営に対する取組み 評価・運営体制

評価・運営体制

研究分野に関して優れた学識経験や研究開発の実績等を有し、研究開発課題の評価及び業務運営に関して見識を有する専門家をプログラムディレクター(PD)、プログラムスーパーバイザー(PS)、プログラムオフィサー(PO)として配置しています。PD、PS、POは協力して、連携分野全体の課題を把握し、担当する連携分野の運営や分野間の協力の推進等の高度な専門的調整を行うとともに、優れた研究開発提案の評価・発掘や基礎研究の成果を臨床研究・実用化につなげる一貫した運営を行います。

研究開発課題の評価は、外部有識者により構成される課題評価委員会で実施します。
評価には、公募に応じて提出された研究開発提案書の中から機構が支援する研究開発課題を選定するための事前評価や、機構が支援した研究開発課題の進捗状況を評価する中間評価・事後評価があります。

機構では、医療分野の研究開発において期待されている役割を最大限に発揮するため、研究開発課題の評価・運営体制の充実に取り組んでいます。
今般、課題評価委員会やPD、PS、POの課題運営における一層の質の向上及び透明性・公正性の確保のため、関係規則等の改正・整備を行い、評価委員やPD、PS、POの利益相反マネジメントルールの整備等をしました(平成28年10月)。
さらに、課題評価においては、10段階の共通評価手法を導入し、平成29年4月から原則各事業で実施します。

PD、PS、POの役割

PD,PS,POの役割
PDの役割
重点分野全体の課題を把握し、担当分野の運営や分野間の協力の推進等の高度な専門的調整を行います。また、担当する分野に関し、研究開発の加速が必要な事業の拡充や新規事業の追加等について理事長に提言を行います。
PSの役割
担当する事業の目的および課題を把握し、事業の運営を行います。
POの役割
PSを補佐して事業運営の実務を担います。

「AMEDプログラムオフィサー」制度

AMEDでは、職員のプロジェクトマネジメントに関する業務能力の育成、発揮を推進するために、職員を対象とする「AMEDプログラムオフィサー」制度を平成28年度から実施しております。詳細は以下のリンクをご覧ください。

日本医療研究開発機構の事業推進コンセプト(※医薬品開発の場合)

日本医療研究開発機構の事業推進コンセプト
日本医療研究開発機構の事業推進コンセプト

5つの「横断型」と4つの「疾患領域対応型」プロジェクトでより効果的な研究開発を推進

平成29年2月、国の「医療分野研究開発推進計画」が一部変更され、9つの「各省連携プロジェクト」が、5つの「横断型」と4つの「疾患領域対応型」の「統合プロジェクト」に再整理されました。AMEDでは、横断型統合プロジェクト・事業と疾患領域対応型統合プロジェクト・ 事業を連携させて推進し一層整合的で効果的な取り組みにつなげていきます。

横断型統合プロジェクト
横断型統合プロジェクト

最終更新日 平成30年6月13日