イベント 令和6年2月20日~令和6年2月28日 「革新的医療技術創出拠点 令和5年度成果報告会 ~シーズ探索・育成と実用化~」開催のお知らせ

開催案内

更新履歴

令和6年2月15日 プログラム内容を更新しました。

開催概要

革新的医療技術創出拠点では、橋渡し・臨床研究基盤を強化・充実化し、シーズ開発及び実用化を推進することを目的に、文部科学省の「橋渡し研究プログラム」と厚生労働省の「医療技術実用化総合促進事業」の両事業の一体的支援により質の高い臨床研究・治験を実施する体制の整備に取り組んでいます。本年度の成果報告会では、研究開発に携わる人材育成、革新的医療技術創出拠点が支援するアカデミア発のシーズ開発成果、シーズの実用化支援について報告するとともに、産学官のステークホルダーを迎え、Decentralized Clinical Trialの推進、研究開発早期におけるエコシステムについて議論します。

画像をクリックすると
PDFファイルが表示されます

名称

革新的医療技術創出拠点 令和5年度成果報告会 「~シーズ探索・育成と実用化~」

会期

令和6年2月20日(火)13時00分~令和6年2月28日(水)17時00分頃 (現地開催/ライブ配信)

【日程詳細】
  • 成果報告会1日目
    令和6年2月20日(火)13時00分~18時頃終了予定

  • 成果報告会2日目
    令和6年2月21日(水)10時00分~17時頃終了予定

  • ポスターweb配信
    令和6年2月中旬~3月13日(水)

  • オンデマンド配信
    令和6年2月26日(月)~3月13日(水) 

会場

大手町三井ホール
会場詳細についてはリンク先をご参照ください。

対象

一般の方、企業の方、大学の方、病院の方、研究者等

定員

会場参加 各日300名先着
Web参加 600名先着

参加費

無料

参加申し込み

お申し込みはこちらから(特設Webページへ移動します)

※現地参加、Web配信(ライブ配信視聴、オンデマンド配信視聴、ポスター閲覧)は上記サイトよりお申し込みが必要です。
※現地参加でお申し込みの場合、自動的にWeb配信も視聴可能となります。

お陰様で盛会のうちに終了することができました。
誠にありがとうございました。

※オンデマンド配信・ポスターの閲覧については、3月13日(水)まで参加登録を受け付けております。

主催

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

プログラム

成果報告会1日目:令和6年2月20日(火)

時間 内容
13時00分

開会挨拶
 三島 良直  日本医療研究開発機構 理事長

来賓挨拶
 釜井 宏行  文部科学省 研究振興局 ライフサイエンス課 課長
 飯村 康夫  厚生労働省 医政局 研究開発政策課 治験推進室 室長(情報提供含む)

13時15分

基調講演
 金田 安史  大阪大学 理事/副学長
シーズ開発・研究基盤プロジェクト プログラムディレクター

13時30分

研究開発に携わる人材の育成/講演
座長:佐藤 典宏 北海道大学 北海道大学病院医療・ヘルスサイエンス開発機構 機構長/教授 

 佐藤 俊哉  京都大学 大学院医学研究科社会健康医学系専攻 教授
 松山 裕   東京大学 大学院医学系研究科生物統計学分野 教授
 花岡 英紀  千葉大学医学部附属病院 副病院長 / 臨床試験部 部長 / 教授
 名井 陽   大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部未来医療センター センター長 / 教授

15時00分

ポスター発表(コアタイム15時00分~15時30分)
休憩

16時00分

DCTの現状と推進のために出来ること/講演&パネルディスカッション
座長:岡田 美保子 医療技術実用化総合促進事業 プログラムオフィサー
  :近藤 充弘  医療技術実用化総合促進事業/研究開発推進ネットワーク事業 プログラムオフィサー

 山本 晋也  株式会社Link & Innovation 代表取締役
 戸高 浩司  九州大学病院 ARO次世代医療センター センター長
 中村 健一  国立がん研究センター中央病院 国際開発部門 部門長
 福田 祐介  厚生労働省 医薬局 医薬品審査管理課 審査調整官
 松澤 寛   日本製薬工業協会 医薬品評価委員会 臨床評価部会 部会長(パネルディスカッションパートのみ)

17時50分

1日目 総括
 
楠岡 英雄  国立病院機構 理事長
        医療技術実用化総合促進事業/研究開発推進ネットワーク事業
        プログラムスーパーバイザー

成果報告会2日目:令和6年2月21日(水)

時間 内容
10時00分

革新拠点が支援するシーズ開発の成果/講演
座長:田代 聡 橋渡し研究プログラム プログラムオフィサー

 田村 直人  順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床研究・治験センター センター長
 平井 陽至  岡山大学病院 皮膚科 助教
 菊池 崇   岡山大学病院 新医療研究開発センター シニアリサーチマネージャー
 森岡 一朗  日本大学 医学部 小児科学系小児科学分野 主任教授
 日原 大貴  東北大学 大学院 歯学研究科口腔システム補綴学分野 助教
 神田 光郎  名古屋大学 大学院医学系研究科 総合医学専攻病態外科学 消化器外科学 講師

12時00分

昼休憩

13時00分

橋渡し拠点における実用化支援/講演
座長:朔 啓太 橋渡し研究プログラム プログラムオフィサー

 桂 義郎   日本医療研究開発機構 シーズ開発・研究基盤事業部 拠点研究事業課 主幹
 許斐 健二  慶應義塾大学病院 臨床研究推進センター 副センター長
        / 再生医療等支援部門長 / トランスレーショナルリサーチ部門 教授
 平 将生   大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部未来医療センター 副センター長
 須藤 勝美  筑波大学 医学医療系 教授(橋渡し、臨床研究学)
/ つくば臨床医学研究開発機構 研究開発マネジメント部 副部長

14時20分

ポスター発表(コアタイム14時20分~14時50分)
休憩

15時00分

研究開発の早期におけるエコシステムを考える/講演&パネルディスカッション
日本製薬工業協会との連携セッションです。
座長:稲垣 治 橋渡し研究プログラム プログラムオフィサー

 宮原 光穂  内閣府 健康医療戦略推進事務局 参事官
 釜井 宏行  文部科学省 研究振興局 ライフサイエンス課 課長
 井宗 康悦  日本製薬工業協会 研究開発委員会 委員長
<北海道大学拠点>
 前田 憲一郎 北海道大学病院 臨床研究開発センター 特任助教
 須藤 英毅  北海道大学大学院 医学研究院 特任教授
 岡橋 正明  PuREC株式会社 執行役員(開発部門担当)兼臨床開発マネジャー
<国立がん研究センター東病院>
 佐藤 暁洋  国立がん研究センター東病院 臨床研究支援部門 部門長
 澤邉 岳彦  Beyond Next Ventures株式会社 プリンシパル

16時50分

全体総括、閉会挨拶
 
金倉 譲   住友病院 院長
        橋渡し研究プログラム
        プログラムスーパーバイザー

ポスター発表:令和6年2月15日(木)~令和6年3月13日(水)

革新的医療技術創出拠点等の成果や取組みについてのポスターをWeb掲載します。
Web掲載されるポスターのうち、一部の課題については現地での発表も行う予定です。

※現地発表は終了しました。特設Webページでの公開は3月13日(水)まで実施します。

お問い合わせ先

成果報告会に関するお問い合わせ

革新的医療技術創出拠点 令和5年度成果報告会事務局
※事務局業務を外部事業者に委託しています。
E-Mail:amed2023kyoten"AT"plan-sms.co.jp

事業に関するお問い合せ

シーズ開発・研究基盤事業部 拠点研究事業課
TEL:03-6870-2229
E-mail:rinsho-kakushin"AT"amed.go.jp

E-Mailは上記アドレス"AT"の部分を@に変えて下さい。

最終更新日 令和6年2月15日