公募情報 海外 令和2年度 「成育疾患克服等総合研究事業―BIRTHDAY/女性の健康の包括的支援実用化研究事業―Wise」の採択課題について

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,臨床試験,観察研究等
分野 健康・医療戦略の推進に必要となる研究開発
お問い合わせ先
基盤研究事業部 研究企画課 鶴見、大野
住所: 100-0004 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル21F 国立研究開発法人日本医療研究開発機構
E-mail: kenkyuk-ask”AT”amed.go.jp(E-mailは”AT”の部分を@に変えてください。)
備考:
※お問い合わせはE-mailでのみ受け付けます。
※件名に【成育疾患-BIRTHDAY】または【女性の健康-Wise】と記載してください。

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、令和2年度「成育疾患克服等総合研究事業―BIRTHDAY/女性の健康の包括的支援実用化研究事業―Wise」に係る公募について、課題評価委員会(別紙)において厳正な審査を行った結果、下記の通り決定いたしましたのでお知らせいたします。

成育疾患克服等総合研究事業―BIRTHDAY

1.先制医療実現に向けた周産期・小児期臨床研究開発の推進

研究開発課題【1-1】新生児マス・スクリーニング法の拡充に向けた対象候補の選定と評価
研究開発課題名 所属機関 研究開発代表者 役職
新生児マス・スクリーニング対象拡充のための疾患選定基準の確立 国立成育医療研究センター 但馬 剛 室長

2.不妊症の解明と質の高い生殖補助医療の開発

研究開発課題【2-1】男性不妊症克服に向けた生殖機能向上・生殖補助医療技術の開発
研究開発課題名 所属機関 研究開発代表者 役職
精巣内クレアチンの病態意義解明に基づく非侵襲的な精巣内造精能画像評価法と精巣内精子採取術ナビゲーションシステムの開発 大阪大学 福原 慎一郎 講師

3.乳幼児・学童・思春期のレジリエンス向上等に関わる効果的な早期介入法の開発

研究開発課題【3-1】乳幼児・学童・思春期の心身の健康・疾病に関わる効果的な早期介入法の開発
研究開発課題名 所属機関 研究開発代表者 役職
被虐待児の脳・エピゲノムに刻まれた傷跡解析による子ども虐待予防・介入法開発 福井大学 友田 明美 教授

女性の健康の包括的支援実用化研究事業ーWise

1.女性特有の疾病に関する研究

【1-1】骨盤臓器脱、骨盤底筋関連疾患の効果的な診断・予防・治療技術の開発
研究開発課題名 所属機関 研究開発代表者 役職
骨盤臓器脱及び下部尿路疾患の網羅的情報に基づいた選別化と個別化治療戦略 琉球大学 宮里 実 教授

2.男女共通課題のうち特に女性の健康に資する研究

【2-1】性差を加味した新たな画像解析技術、生理学的検査の開発およびこれらを利用した新たな評価・診断アルゴリズムの開発
研究開発課題名 所属機関 研究開発代表者 役職
性差を加味した冠動脈疾患AI診断システムに関する研究開発 国立循環器病研究センター 中尾 葉子 室長

応募・評価について

(1)応募状況

公募期間:
令和元年11月7日~令和元年12月11日
対象者:
公募要領で定める条件を満たす機関に所属する者
応募件数:
成育疾患克服等総合研究事業ーBIRTHDAY 22件
女性の健康の包括的支援実用化研究事業―Wise 7件

(2)審査の方法

成育疾患克服等総合研究事業課題評価委員会、女性の健康の包括的支援実用化研究事業課題評価委員会において書面審査およびヒアリングを実施し、課題評価委員会の評価を踏まえて、成育疾患克服等総合研究事業3課題、女性の健康の包括的支援実用化研究事業2課題を採択しました。

書面評価通過数:
成育疾患克服等総合研究事業ーBIRTHDAY 10件
女性の健康の包括的支援実用化研究事業ーWise 5件
ヒアリング実施日:
成育疾患克服等総合研究事業ーBIRTHDAY 令和2年2月4日
女性の健康の包括的支援実用化研究事業ーWise 令和2年2月5日
合会審査日:
成育疾患克服等総合研究事業ーBIRTHDAY 令和2年2月4日
女性の健康の包括的支援実用化研究事業―Wise 令和2年2月5日

掲載日 令和2年3月30日

最終更新日 令和2年3月30日