公募情報 若手 女性 海外 令和3年度 「次世代がん医療創生研究事業」の採択課題について

基本情報

公募の段階 採択
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,該当なし
分野 がんに対応した研究
お問い合わせ先
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構 創薬事業部 医薬品研究開発課 次世代がん医療創生研究事業 公募担当
E-mail: koubo-jisedai“AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。

採択内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、令和3年度「次世代がん医療創生研究事業」に係る公募の研究開発課題について、当事業の課題評価委員会(名簿)において厳正な審査を行い、下記の通り採択課題を決定いたしましたのでお知らせいたします。

研究領域A(治療ターゲット)

                                                                           
研究開発課題名 研究開発代表者
所属機関 役職 氏名
クロマチンリモデリング複合体同士の依存性を標的としたがん治療法の開発 国立がん研究センター 分野長 荻原 秀明
1炭素代謝酵素とミトコンドリア機能の包括的理解による乳がんの革新的治療法の確立 金沢大学 教授 後藤 典子
グアニン四重鎖によるゲノム機能制御機構を標的としたがん治療薬の開発 がん研究会 部長 清宮 啓之
SUCLA2遺伝子欠失を標的とする進行前立腺がんの新規治療法開発 金沢大学 教授 高橋 智聡
分泌タンパク質SMOC1を標的としたLKB1不活化肺癌における新規治療戦略の構築 名古屋⼤学 病院助教 田中 一大
BRCAnessの薬理学的誘導によるPARP阻害剤臨床用途の新たな開拓 名古屋⼤学 特任准教授 日野原 邦彦
催奇性を回避した血液がん治療に有効な新規サリドマイド誘導体の開発 愛媛大学 特定研究員 山中 聡士

研究領域B(異分野融合創薬システム)

                                                                              
研究開発課題名 研究開発代表者
所属機関 役職 氏名
大腸がん幹細胞の可塑性・転移形成能に関与するシグナル経路を標的とした再発・転移・治療抵抗性克服戦略の開発 愛知県がんセンター 分野長 青木 正博
脂質メディエータ受容体を標的とした骨肉腫の増殖・転移を阻害する新治療法の開発 がん研究会 研究員 高木 聡
VCAM-1による膵臓癌進展機序の解明と治療応用 東京大学 助教 高橋 良太
がんの幹細胞性と線維化機構の制御による多因子標的がん治療法の開発 京都大学 特定助教 中西 祐貴
胃癌のサブタイプ・遺伝子変異別薬剤治療創出を志向する腫瘍周囲微小環境解析 東京大学 特任臨床医 畑 昌宏
転移前微小環境形成を標的とした新規多価型ペプチドがん治療薬の開発 東京女子医科大学 教授 丸 義朗

研究領域C(免疫機能制御)

                                                                  
研究開発課題名 研究開発代表者
所属機関 役職 氏名
腫瘍微小環境解析に基づくがん治療用ウイルスを用いた次世代脳腫瘍治療戦略の探索 東京大学 助教 伊藤 博崇
成人T細胞白血病細胞の抗原性増大による新規免疫療法の開発 東京医科歯科大学 非常勤講師(名誉教授) 神奈木 真理
可溶型DNAM-1リガンドを標的としたがんの新規治療法の開発 筑波大学 准教授 渋谷 和子
改変型サイトカイン分子設計による抗腫瘍免疫療法の開発 宮城県立がんセンター 部長 田中 伸幸
ゲノム異常を有する腫瘍浸潤リンパ球の1細胞解析方法の開発とその臨床的意義の解明 千葉県がんセンター 部長 冨樫 庸介
急性骨髄性白血病に対する新規CAR-T細胞療法の開発 大阪大学 教授 保仙 直毅
がん細胞の免疫原性を標的とした微粒子免疫療法の研究開発 熊本大学 教授 諸石 寿朗

研究領域D(診断/バイオマーカー)

                                                               
研究開発課題名 研究開発代表者
所属機関 役職 氏名
進行リスクを判別する神経芽腫腫瘍マーカーの開発 名古屋⼤学 教授 内田 広夫
ctDNAに基づく大腸がん術後再発高リスク群予測・同定モデルの開発と術後化学療法抵抗性の解明 愛知県がんセンター 分野長 衣斐 寛倫
グリオーマの診断マーカーの開発 福島県立医科大学 教授 北爪 しのぶ
高深度血漿プロテオーム解析に基づく新規大腸癌早期診断法の開発 愛知県がんセンター 分野長 田口 歩
胃内細菌をバイオマーカーとした胃発癌リスク層別化と化学療法反応性予測に関する研究開発 東京大学 助教 新倉 量太
新規膵癌PETプローブ[11C]MeLeuと画像解析技術を基盤とした膵癌高感度画像診断法の創出 量子科学技術研究開発機構 研究員 山﨑 香奈

研究領域E(がん多様性)

                                                              
研究開発課題名 研究開発代表者
所属機関 役職 氏名
空間的トランスクリプトーム解析による臓器特異的ながん転移土壌形成の解明 国立がん研究センター 分野長 岡本 康司
シングルセルバーコードラベル化PDXモデルによる難治性造血器腫瘍クローンの選択・進展過程に関与する分子病態の解明に関する研究 名古屋⼤学 教授 清井 仁
ロングリード技術を駆使した非小細胞肺癌におけるがんゲノム多様性・進化に関する研究 東京大学 特任准教授 鈴木 絢子
脳内微小環境と癌細胞の相互作用を解明する異分野融合的解析法 名古屋⼤学 研究員 辻 貴宏
微小環境細胞のヒストン修飾異常を作用点とする新規創薬エビデンスの創出 筑波大学 研究員 藤澤 学
先天性急性骨髄性白血病における網羅的ゲノム解析による予後予測モデルと新規治療法の開発 京都大学 准教授 牧島 秀樹
「相分離」制御による、希少がんやAYA世代がんに対するTERT標的戦略の概念の確立を目指した研究 国立がん研究センター 研究員 町谷 充洋
(各領域ごとに五十音順で表示、敬称略)

評価経過情報

公募期間 令和2年12月28日~令和3年1月29日(正午)
ヒアリング審査 令和3年3月19日、22日、23日、24日、29日
              
研究領域 申請数 書面評価通過数 採択数
A 62 16 7
B 35 10 6
C 39 15 7
D 40 13 6
E 37 13 7

掲載日 令和3年6月1日

最終更新日 令和3年6月1日