公募情報 若手 令和3年度 「脳とこころの研究推進プログラム(領域横断的かつ萌芽的脳研究プロジェクト)」に係る公募について

更新履歴

令和3年4月14日 「ヒアリング日程」に対象分野を追加しました。ご確認ください。
令和3年3月8日 「ヒアリング日程」を追加しました。ご確認ください。
令和3年2月22日 「Q&A」を更新しました。
令和3年2月12日 (様式1)「研究開発提案書」を差し替えました。「資料」の項をご覧ください。
※提出される「研究開発提案書」は、差し替え前のファイルでも問題ありません。
令和3年2月5日 「資料」の項に「Q&A」を掲載しました。

基本情報

公募の段階 公募
開発フェーズ 基礎的,応用,非臨床研究・前臨床研究,該当なし
分野 疾患基礎研究プロジェクト,精神・神経疾患
公募締め切り 令和3年3月8日(月) 正午【厳守】
お問い合わせ先
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 疾患基礎研究事業部 疾患基礎研究課 領域横断的かつ萌芽的脳研究プロジェクト 公募担当
住所: 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目7番1号 読売新聞ビル22階
TEL: 03-6870-2286
E-mail: brain-seeds“AT”amed.go.jp
備考:
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。
※お問い合わせは必ずE-mailでお願いいたします。

公募内容

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、令和3年度「脳とこころの研究推進プログラム (領域横断的かつ萌芽的脳研究プロジェクト)」に係る公募を行います。詳細については公募要領をご覧ください。

# 分野等、公募研究開発課題 研究開発費の規模
(間接経費を含まず)
研究開発実施
予定期間
新規採択課題
予定数
1A 境界領域から生まれる脳科学に資する研究開発
(神経回路~行動)
1課題当たり年間
12,000千円程度
最長3年
令和3年度~
令和5年度
0~8課題程度
1B 境界領域から生まれる脳科学に資する研究開発
(分子~神経回路)
1課題当たり年間
12,000千円程度
最長3年
令和3年度~
令和5年度
0~8課題程度
2 脳病態についてのリバーストランスレーショナル研究 1課題当たり年間
12,000千円程度
最長3年
令和3年度~
令和5年度
0~8課題程度
3 基礎研究で得たシーズの実用化に向けたトランスレーショナル研究 1課題当たり年間
12,000千円程度
最長3年
令和3年度~
令和5年度
0~8課題程度

(注1)今回公募するのはすべて個別課題です。
(注2)採択課題数は、それぞれの分野における応募の数、また内容に応じて予定数から増減します。
(注3)研究開発代表者の約3割以上が若手研究者となるように採択します(公募要領「第5章 提案書等の作成・提出方法  5.2.1若手研究者の定義」を参照)

※ 理・工・医・薬・農学、情報科学、心理・社会学等との境界領域から生まれる脳科学に資する研究開発

事業概要

本事業は、領域横断的な脳科学研究を推進し、脳科学研究におけるイノベーション創出に向けて萌芽的な研究開発を推進します。加えて、研究開発代表者の約3割以上を若手研究者として、人材育成に取り組みます。
本事業の研究開発は個別課題として採択されます。それぞれの課題はその要素に、理・工・医・薬・農学、情報科学、心理・社会学等との境界領域から生まれる脳科学に資する研究開発、脳病態についてのリバーストランスレーショナル研究、基礎研究で得たシーズ等の実用化に向けたトランスレーショナル研究の少なくとも1つを含むものとし、研究開発を推進します。
成果として、領域横断的なあるいは階層を超えた脳科学研究を可能にする技術開発、脳とこころの健康、精神疾患の再分類、精神・神経疾患の早期診断・予防および治療に資する発見や技術開発等が期待されます。

応募資格者

公募要領で定める条件を満たす研究者
(公募要領「第2章 応募に関する諸条件等 2.1.応募資格者」を参照)

公募期間

令和3年1月29日(金) ~ 令和3年3月8日(月) 正午【厳守】

ヒアリング日程

面接審査(ヒアリング審査)日程(予定 社会状況等により変更になる可能性があります)
令和3年4月26日(月)分野1B 及び 1A
27日(火)分野2 及び 1A
28日(水)分野3 及び 2

※Web会議形式によるヒアリング審査を予定
※ヒアリングを実施する場合には、対象課題の研究開発代表者に対して、原則として5日前までに電子メールにてご連絡します。ヒアリング対象か否かのご質問を含め審査の途中経過に関するお問い合わせには回答致しかねますのでご了承願います。

公募説明会

新型コロナウイルス感染症対策のため、公募説明会は開催しません。お問い合わせにつきましては、上記のメールアドレス宛に所属、氏名、連絡先を記載してお送りください。

応募方法

提案書類の様式等、応募に必要な資料は本ページの下段の資料よりダウンロードしてください。公募要領「第5章 提案書等の作成・提出方法」に従って「研究開発提案書」等を作成の上、e-Radよりご応募ください。
詳細は公募要領「第2章 応募に関する諸条件等」、「第4章 スケジュール・審査方法等」をご参照ください。

※応募する対象者は、原則として応募時までにe-Radに登録されていることが必要となります。研究機関の登録方法については、e-Radポータルサイトを参照してください。登録手続きに日数を要する場合がありますので、2週間以上の余裕をもって登録手続きをしてください。なお、一度登録が完了すれば、他制度・事業の応募の際に再度登録する必要はありません。また、他制度・事業で登録済みの場合は再度登録する必要はありません。
※e-Radからの申請に際して所属機関の承認が必要です。「研究開発代表者」から所属機関にe-Radで申請した段階では応募は完了していませんので、所属機関の承認の手続きを必ず行ってください。

応募先

資料

  • 「1 研究目的」の「(2)研究開発の背景」及び「(3)研究開発の目標・ねらい、特色・独創的な点」について、記載説明部分(青文字部分)を修正しました。
  • 提出される「研究開発提案書」は、差し替え前のファイルでも問題ありません。

掲載日 令和3年1月29日

最終更新日 令和3年4月14日