イベント 平成31年2月6日 研究公正シンポジウム 研究公正高度化モデル開発支援事業成果報告会

平成31年1月11日開催案内

更新履歴

平成31年1月11日 プログラムを更新しました。

開催概要

研究公正高度化モデル開発支援事業は、研究不正防止の取組推進のため各研究機関が行う研究公正高度化のための各種取組みを支援する目的で平成28年度に公募を実施し、研究倫理教育に関するモデル教材・プログラム等の開発で8課題、研究公正の取組み強化のための調査研究で1課題を採択しました。この事業の最終年度を迎えるにあたり、開発したモデル教材・プログラム等を紹介する成果報告会を開催します。

また、開発したモデル教材・プログラム等の活用に関するパネルディスカッションも行います。

研究公正シンポジウム開催案内 研究公正シンポジウム開催案内
画像をクリックするとPDFファイルが表示されます

研究公正シンポジウム開催案内

名称

研究公正シンポジウム 研究公正高度化モデル開発支援事業成果報告会

会期

一橋大学一橋講堂
平成31年2月6日(水)13時00分~18時00分
(12時15分 開場予定)

会場

一橋大学一橋講堂

東京メトロ半蔵門線、都営三田線、都営新宿線 神保町駅から徒歩4分
東京メトロ東西線 竹橋駅から徒歩4分

対象

RIOネットワークメンバー
研究倫理教育担当者(講師、事務局員)
研究倫理教育に関心がある方

定員

440名

参加費

無料

主催

国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)

プログラム

成果報告

飯田香緒里 東京医科歯科大学産学連携研究センター長、教授
市川 家國 信州大学医学部 特任教授
江花 有亮 東京医科歯科大学生命倫理研究センター 講師
神里 彩子 東京大学医科学研究所 准教授
瀬戸山 晃一 京都府立医科大学大学院医学研究科 教授
伏木 信次 京都府立医科大学研究開発・質管理向上統合センター長、特任教授
前田 正一 慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科 教授
松井健志 国立循環器病研究センター 部長
河合 孝尚 長崎大学 准教授

パネルディスカッション「研究倫理教育の教材・プログラムの活用に向けて」

パネラー
浅島 誠 帝京大学 特任教授
田代 志門 PO、国立がん研究センター 部長
森田育男 お茶の水女子大学 副学長
吉田 雅幸 東京医科歯科大学 教授
ファシリテーター
札野 順 PS、東京工業大学 教授

参加申し込み

事前登録制 ※定員に達し次第受付終了

お申込み完了後に送られる登録完了メールをプリントアウトし、当日会場受付へご提示ください。

お問い合わせ先

お問い合わせ

宛先 研究公正高度化モデル開発支援事業成果報告会運営事務局
Tel 03-5362-0117(受付 9:30 ~18:00)
E-Mail amed190206"AT"omc.co.jp
備考

※E-mailは上記アドレス"AT"の部分を@に変えてください。